年収〇〇万でOK!は間違い、結婚で後悔しないためのポイントとは

男性の年収イメージ
婚活で多くの女性は結婚相手の「年収」に注目します。
しかし安定した結婚生活を送りたいのなら、年収だけに注目すると危険な場合も。

お相手探しの際に役立ててほしい、年収よりも要チェックなポイントについてお話しします。

1年分の収入ではなく「生涯年収」で判断しましょう

毎年安定した収入?

プロフィールにある年収欄は、確認書類を提出していても、基本的には1年分だけ。
その為、たまたまその年の収入がよかっただけということもあります。

会社員なら問題ないのでは?と思うかもしれません。
しかし会社員でも、不動産系などの営業職は、歩合制で不安定です。
また年俸制では住宅手当などがない給与体系かもしれません。

会社経営者だと、年収が1000万円あっても、業績によって翌年は0になることもあるほど大きく変動します。
また交際費は全ては経費で落とせませんので、多額の交際費や経費を自腹で払うこともあります。

退職金制度に注意

もっとも注意したいのは退職金です。

ある程度大手の日本企業に勤めている人は、年をとったら退職金が必ずもらえると考えがち。

しかし外資系の企業では、退職金がない年俸制の給与体系の方が一般的です。
また最近では日本企業でも退職金制度を廃止し、その分を勤続中の給与額に組み入れたり、成果に応じて高給を支給するという企業も増えています。

このように、年収だけ見みると高年収に思えても、生涯年収は意外と低い可能性も。

それとなく退職金のことなど聞いてみるとよいでしょう。

稼ぐ額よりも「お金の使い方」の方が重要

ほとんどの女性は結婚したら、家計は自分で管理して、旦那様はお小遣い制にしたいと思っています。

しかしブランド品で身を固めたり、娯楽や趣味にお金をかけている男性は、結婚しても奥さんには家計を握らせず、自分で管理して今までの生活をキープしようとしがち。

うまく話合いでお小遣い制にできたとしても、いちどついた散財癖は直せません。

年収は800万円あるのに、ほとんどが旦那様の散財に消え、生活が苦しいということも。

これでは子供が産まれても教育資金も確保できません。
それなら年収400万円前後でもお金に計画性のある旦那様と、普通の暮らしができた方が良いかもしれません。

逆に、非常に金銭面に細かく、生活費をきっちり分けたがったり、ぎりぎりの生活費しか渡さないという男性もいます。
また身内になったとたんケチになったという話もよくききます。

このように年収だけでお相手を判断すると、間違える可能性もあります。
単純に年収800万円だから良い、400万円だからダメとはいえないのです。

しっかりとした金銭感覚が身についているか、自分主体ではなく家族主体で考えられる男性かを見極めることが大事です。

「借金癖」は年収には関係ないので要注意

借金癖のある男性
結婚するにあたって、お相手に借金癖がないことは超重要です。

借金癖がある男性は、借金ということを軽く考え、何度も繰り返す傾向があります。
この感覚は結婚したからといって変わるものではありません。

とある銀行のカードローン調査では、
年収1000万円超の人でも3割が定期的に娯楽や生活の為にカードローンを利用している。
という結果が出ています。

つまり年収と借金は関係ないのです。

逆に上場企業に勤務していれば、ローン審査も通りやすく、年収が多い程たくさん借りることができる為、結婚後も内緒で借金をする恐れがあります。

また借金があると、全て信用情報機関に記録されるため、家や車を購入しようとしてもローンの審査でひっかかってしまいます。
なんとかローンが借りられても、金利が高くなる可能性もあります。
借金は様々な面で損害が生じるのです。

最悪の場合は、借金の保証人にされてしまったり、自分の両親に迷惑が及ぶ心配もあります。

年収がよくても支払の際に、カードでリボ払いを利用している男性は、注意した方が良いでしょう。

複数のカードを利用していると、総額は借金として数百万円に膨らんでいる可能性もあります。

また住宅ローンは別として、過去に事業に失敗したり、大きな借入の保証人になっていないかなども、事前にしっかり確認してください。

金銭感覚のチェックは「貯金額」をみる

お金の管理に計画性のある人は毎月の収支を把握し、しっかりと貯金もできています。

平均的な貯金額の目安は手取り収入の10%〜20%と言われています。

年収800万円だと、手取りが約500万円〜600万円。
そうすると、貯金額は50万〜60万円×勤続年数。
昇給を考えるとそれより少ないくらいでしょうか。

収入がよくて、貯金が少ない場合でも、貯蓄や将来のための投資などに使っているのなら問題ありません。
また想定外の出費があったり、相続を受けていたりなど特別な収支がある可能性もありえます。

給与以外の収支がなく、年収に対する貯金額が異常に低かったり、予想以上に高かったりしたら、注意をして下さい。
散財癖があるか、極度の倹約家である可能性があります。

貯金額というのはデリケートな問題ですから、どの時点で確認するのか、タイミングも大切。
またその時はあなたの貯金額も、お相手に開示する必要もあると考えましょう。

女性の方もある程度の年齢で貯金が極端に少ないと、金銭管理を任せられないと判断されてしまうかもしれません。
適度な貯金をしておくことは大事です。

結局年収とは、その男性がいくら稼いでいるのかという数字だけであって、安定した暮らしができる絶対的な要素にはならないのです。

それよりも、「自分の身の丈に合った使い方ができているか」ということの方が大事なのです。
これらは、結婚を決める前に時間をかけてでも、よく見極めることが大切です。

年収だけで判断するのではなく、自己管理がしっかりできている男性を選び、心配のない結婚生活を送りたいものですね。

年収についてはこちらも参考に
え? 結婚相手に求める年収、理想と現実はこんなことに…


幸せな結婚は、新しい出会いから始まります。

「新しい出会い」が一番豊富なのは、婚活サイト。

登録無料なので、試しに登録し、あなたにアプローチしてくるお相手を確かめてみては。
結婚し隊がおすすめする大手優良婚活サイト

また、結婚にダイレクトにつながる出会いを探すなら、結婚相談所という選択肢もあります。

ただし、結婚相談所はサービスがしっかりしている分、費用が高額。先ずは資料を請求して、良さそうな会社に無料カウンセリングや体験入会を申し込みましょう。しっかり話を聞いてから入会して下さい。

大手結婚相談所の資料はこちらから一括で請求できます。今なら限定キャンペーンあり。
結婚相談所の一括資料請求(無料)はこちらから

あなたが本気で行動すれば、きっと理想の結婚相手との出会いが待っています。この記事を読んで頂いたのも何かのご縁、あなたの幸せを心よりお祈りしております。

このページの先頭へ