婚活は「条件」ではなく、「共通点のアピール」で上手くいく!

婚活で悩む人々
婚活を頑張っているのに、なかなか思うようにいかないというあなた。もしかして恋愛の延長感覚で自分とは全く違うタイプの人とばかりと出会っていませんか?

結婚は自分と違っている相手より、似ている相手の方が、惹かれやすく、うまくいきやすいといわれています。

それは一体どういうことなのでしょうか。

知っておきたい「類似性の法則」と「相違性の法則」

類は友を呼ぶ「類似性の法則」

「類は友を呼ぶ」ということわざがありますが、人は家柄や学歴、育ちや考え方、趣味、外見など自分と類似点の多い相手と落ち着く傾向があり、これを「類似性の法則」といいます。

あなたの周りも、似ている人同士が仲良くなっているのではないでしょうか。

これは結婚も同様で、相違している相手より、似た者同士の方が惹かれ合う確率が高いということが調査、実験で何度も確かめられています。

婚活でも、出身地や趣味、生活スタイルなども、同じ共通点があるお相手には親近感がわきやすい為、その後の交際へも発展しやすいものです。

違う人に惹かれる「相違性の法則」

そして、「類似性の法則」で惹かれあった二人も、もちろん全てが同じなわけではありません。お互い別の人間なので、当然違った部分も見えてきます。

その違いが、自分にはない部分であると、その後の関係の継続に効果的なようです。例えば、リーダータイプと補佐タイプ、積極的なタイプと受け身なタイプなど。

このように、お互いを補い合える相手とはバランスが取りやすく、さらに惹かれあう傾向がります。これを「相違性の法則」といいます。

結婚して、長続きするには、まず「類似性の法則」で惹かれ合い、「相違性の法則」で長続きさせるというのが理想的な相性のようです。

実際に、急成長をとげている結婚相談所などでは、類似性と相違性を組み合わせたデータを基に男女のマッチングを試みているところが非常に多いのも事実です。

気になる男性に好意をもってもらうテクニックとは

最初は「類似性」を示し続けることが大事

先ほど説明した通り、「類似性の法則」は異性を無意識に好きになってしまう心理のひとつでもあります。

婚活で、ライバルは多いけれど「絶対にこの男性とうまくいきたい」という場合もあります。そういう時はこの「類似性の法則」を利用してみましょう。

例えば結婚相談所であれば、まずは事前にプロフィールにはないお相手の情報をカウンセラーを通して得ておきます。そこから、できるだけ自分との共通点を探しだし、アプローチの材料にすればよいのです。

その共通点が希少であるほど、お相手はあなたに、より強く興味を抱くでしょう。例えば、同じ出身地であるより、同じ学校出身である方が、運命めいたものを感じるでものです。

また、お相手との会話の中からとにかく共通点を探し出します。好きな映画や本、スポーツなどを聞いておき、次に会う時までに、共通の話題ができるようにしておくと良いでしょう。

とにかく、お相手との共通点をたくさん見つけたり、作ることが大事なのです。

最初の時点で「相違性の法則」は出さない

ただ最初の時点で「相違性の法則」を出してはいけません。

最初から、自分と違うことを示されると嫌悪感を抱いたり、否定されたような気持ちにさせてしまう恐れがあります。

関係が発展するまでは、あくまで「類似性」を示し続けましょう。

そして、お付き合いが始まったら早い段階で二人で同じ趣味を持つと良いでしょう。

仲の良い夫婦の多くは、趣味や嗜好などで何かしら共通点があり、二人で楽しめる時間を作っているのです。

自然と好意が芽生える「ミラーリング」

ミラーリング
デートをする際は、相手のしぐさや態度、動作や振る舞いをさりげなく真似するのが効果的です。

これは心理学にある「ミラーリング」というテクニックで、人は自分と同様の仕草や動作を行う相手を、仲間、味方と認識し、警戒心が解けて好感を抱くといわれています。

お相手がカップをもったらあなたもさりげなくカップをもつ。髪を触ったら、同じく髪に触れてみるといった感じです。

また、行動を真似することが難しかったら、声のトーンや話すテンポ、お相手の表情などでも良いでしょう。また、レストランでは同じ料理や飲み物を注文するようにしましょう。

これらはあくまでも「さりげなく」というのが大事です。少し時間をずらして真似をするなど、お相手に気づかれないよう注意が必要です。

また、真似ることに集中しすぎて、お相手の話をよくきいてなかったなんてことがないように気を付けて下さい。

そして、好意をもっている相手とは、無意識に仕草や言葉使いなどが似てくるものです。お相手の動作や口癖があなたと似てきたと感じたら、お相手も好意があると確信をもって良いでしょう。

このミラーリングの効果はメールでも利用できます。

文章の長さ、返信のテンポ、絵文字を使用する頻度などを、お相手と同じくらいになるように合わせます。これらも、お相手に自分と似ていると感じさせることができます。是非活用してみて下さい。

「類似性」が強いお相手を探そう!

結婚はその人の条件が良ければ出来る、良くないから出来ないという問題ではなく、結局は「似たもの同士と出会う」ということが大事なのです。

あなたに類似性のある、相性の良い相手を探すなら、出会いの「数」を増やすことも大切です。

「新しい出会い」が一番豊富なのは、婚活サイト。

登録無料なので、試しに登録し、あなたにアプローチしてくるお相手を確かめてみては。
結婚し隊がおすすめする大手優良婚活サイト

また、結婚にダイレクトにつながる出会いを探すなら、結婚相談所という選択肢もあります。

ただし、結婚相談所はサービスがしっかりしている分、費用が高額。先ずは資料を請求して、良さそうな会社に無料カウンセリングや体験入会を申し込みましょう。しっかり話を聞いてから入会して下さい。

大手結婚相談所の資料はこちらから一括で請求できます。今なら限定キャンペーンあり。
結婚相談所の一括資料請求(無料)はこちらから

あなたが本気で行動すれば、きっと理想の結婚相手との出会いが待っています。この記事を読んで頂いたのも何かのご縁、あなたの幸せを心よりお祈りしております。

このページの先頭へ