第一印象で好感度を150%にする方法とは

Beauty girl takes beautiful flowers in her hands
大切にしたい第一印象。どうすれば良い印象を与えられるのでしょうか。

第一印象でミスると致命的

人間は第一印象で無意識のうちに相手を評価しています。これは始めの6〜7秒での話。わずかな瞬間で相手を判断しているのですね。

そして恐ろしいのは、この始めの判断は、一度決まってしまうと覆るのに非常に長い時間がかかるということ。つまり始めの数秒を間違えると、あなたの評価は本来よりとても低い評価になってしまうということです。

せっかくの出会いです、あなたの評価を無駄に落とさないように、第一印象をあげる方法を学びましょう。

好感度をあげる見た目とは

人間の第一印象を決める要素で、実に55%は見た目だという研究があります。この見た目、どうすれば良い印象にできるのでしょうか。

ピント延びた背筋

見た目で大切なのは、まず全体像。このとき、姿勢はとても大切な要素。ピント延びた姿勢は、きちんと感が伝わり、好感度をアップさせます。

まずは、普段から背筋を伸ばして姿勢を良くすることを意識しましょう。

清潔感ある全方位ウケする服装

洋服は、カラーリングやデザインも大切ですが、まずは清潔感。シワやほころび、毛玉などない、清潔感のある服をセレクトしましょう。

首周り、手首、足首とクビと名前がつくところは女性らしさをアピールするポイント。露出して、綺麗な女性をアピールしましょう。

きれいなデコルテライン

デコルテを出す分量には法則があります。額からアゴぐらいまでの長さを心がけると良いでしょう。Vネックで鎖骨がきれいだとバストがなくても女性の魅力は伝わるもの。

顔周りがスッキリ見えるヘアスタイル

髪を後ろで束ねるなどしてフェイスラインを出すと、生き生きとした印象になります。さらに額をだすと明るい印象に。髪はツヤがある清潔な髪が好印象。

口元までの長さのピアスなど

揺れるものには視線が集まります。唇の延長ラインに揺れるピアスがあると、口元に注意をひきつけ、話も聞いてもらいやすくなります。

最初に話しやすそうな子の印象を

綺麗なひとではなく、話しやすい人が好印象の傾向。まずは親しみやすい雰囲気を演出しましょう。

腋を少し開き逆手にしてリラックス

着席の姿勢は、手のひらを上に向けてテーブルに置くことでオープンマインドが演出できます。腋を少しあけることでリラックスした見た目に。これで男子好みの話やすい雰囲気が。

自分からフルネームで名乗り始める

名前は相手から聞かれたり、紹介される前に自分から名乗ると快活なイメージに。苗字だけでなくフルネームを名乗ることで親近感がアップ。名前の由来などの小話があればなお良いですね。

口角がふんわり上がる「待機顔」をキープ

メラビアンの法則で、見た目の中でも服装や身だしなみ以上に大切だと言われているのは表情です。元も好感度が高いのは、話しかけやすいそうな「待機顔」。奥歯をかみ、口角を上げれば出来上がり。

アゴを少し上向きで声を出す

語尾を少し上げると明るい印象に。アゴを上げつつ挨拶すると自然と出来ます。高めの声が人を心地よく引きつけます。

自然な笑顔をつくるのは普段のトレーニング

大切なのは普段からの表情を意識すること。普段から9割を笑顔にするイメージだと自然な笑顔が身につきます

表情筋を動かして緩める

ニッコリスマイルは自然な表情筋から。普段から動かさないと、なかなか衰えてしまいます。鏡の前で百面相のように色々な表情を作ってみたり、頬を手でマッサージすると表情筋に刺激を与えて、動きがよくなります。

会話を聞くときは眉間と鼻の付近を見る

相手の話を聞くときは、眉間と鼻の間を見つめると、威圧感もなく見つめることが出来ます。ただし、40秒まで。それ以上は一旦視線を外すことがオススメ。また、話を聞くときは「あなたの話に興味があります」と念を送ることで自然と瞳孔がひらき、キラキラとした良い表情になります。

笑顔のイメトレを

鏡の前で口角を自然と上げた、柔らかい表情を練習しましょう。また、頭のなかで理想の笑顔を思い浮かべて、それをイメージして表情を作ってみましょう。その顔を鏡てチェックするとまた、新しい表情の発見があることも。

このページの先頭へ