あなたは大丈夫? 「婚活疲労症候群」に注意!

青空と女性
最近、『婚活疲労症候群』という言葉が、マスコミで取り上げられたりしています。深刻になると、心の病にまで及んでしまうこともあるのだとか・・・。

しあわせになるための作業である婚活なのに、それで、病んでしまうなんて、かなしすぎますよね。

でも、婚活は、心はずむ経験をする一方、いろいろつらい思いもする作業です。心が疲弊してしまうことないとは言えません。それが原因で、婚活をやめてしまう人もいます。

ですから、最初に、そういう場合、どういう対処法があるのかを知っておきましょう。そうすることで、スランプに陥っても、その時期を乗り切りやすくなります。

『婚活疲労症候群』って何?

ところで、そもそも、『婚活疲労症候群』とはどんなものでしょうか?

それは、婚活をしているうえで、思い通りに進まないことで、精神的に疲労してしまい、心身にいろいろな症状が出てくることです。「頭痛やめまい」、「やる気がでない」、「体がだるい」、「眠れない」こういった症状は要注意。中にはうつに近い状態になる人もいます。

そうならないためにはどうしたらいいのか、その方法をご紹介したいと思います

なぜ『婚活疲労症候群』に陥るのか?

そもそも、婚活疲労を感じるのは、なぜでしょうか?

いままで、多くの人は、受験とか就職とか・・・「頑張れば、それなりに結果が得られる」という体験をしてきています。努力に比例して結果を得られることが多かったのです。

ところが、結婚は、そうではありません。ある意味、運とか縁が大きく関係しています。

何の努力もしないで、偶然知り合った人と結婚したりする人もいます。逆に、結婚するべく、いろいろ努力をしても、まったく結婚相手に出会えない人も。

そこで、多くの人は、挫折感を味わいます。

「いままで、努力をすれば、ある程度結果が出たのに、結婚はこんなに頑張ってもなぜできないんだろう・・・」

実際、婚活を始めて、いろいろな人に頑張って会う・・・なのに、うまくいかない。そういう経験が続くと、誰でも心が疲れてきます。これは、当然の反応です。

では、どうすれば、婚活疲労に陥らなくてすむのでしょうか?

それには、いろいろな心構えが必要です。

『婚活疲労症候群』への対処法

●結婚がすべてだと思わない

「絶対結婚しないといけない」そう思うと、誰でも、プレッシャーになります。そして、「やらなければ」と思いながらやることって、義務感にかられてやるわけですから、楽しくないですよね。

なので、この場合、発想の逆転を図りましょう。
「結婚がすべてではない。できなくてもいいんだ」
このスタンスで婚活をするのです。

「できなくてもいい」のだったら、気持ちも軽く婚活できます。

●結果に一喜一憂しない

婚活は、毎回、毎回、「今回こそ、運命の相手かも」と思って会いますよね。だめだったりすると、自分の努力が無になったようで、落ち込みます。

これを繰り返していると、心も疲弊してきます。なので、あえて、出会う前に大きな期待をしないこと。そして、だめだったとしても、「『だめもと』で会ったんだから、いいや」と簡単に考えること。

ひとつひとつのお見合いに過度に期待して、一喜一憂しないことが大事です。できるだけ、心をフラットにして、婚活を続けていきましょう。

●婚活を楽しむ

婚活は、よく「修行」に例えられますが、「修行」はつらいことです。つらいことを続けていると、誰でも、疲れます。

なので、逆に、婚活を楽しいことだと考えるのです。

どうすれば、楽しいことに変えられるのか?

それは、できるだけ、相手と会うときに、自分の希望を聞き入れてもらうのです。
たとえば、自分が見に行きたい展覧会があったら、それに一緒に行ってもらうとか・・・。
好きな遊園地があったら、そこに誘って、一緒に遊ぶとか・・・。
TVで見たおいしそうなお店に一緒に行ってみるとか・・・。

「自分がやりたいことに、相手につきあってもらう」このスタンスなら、自分のやりたいことがやれるので、相手に関係なく楽しくなります。

友達を誘っても、必ず、相手が暇で、自分が行きたいところつきあってくれるとは限りません。その相手を婚活相手にお願いする・・・。

それだけで、つらいお見合いに、意味を持たせることができ、楽しくなってきます。

もし、あなたが「○○に行きたい」というお誘いを拒むような人だったら、度量が狭い人かもしれません。そういう意味でも、行きたいところをリクエストしてみることは、相手をチェックする試金石にもなります。

あなたが行きたいところに行けたなら、自然と、会話もはずむでしょう。

婚活をつらい作業だとばかりとらえるのではなく、逆手にとって、楽しい作業に変える・・・その工夫も大事です。

疲れたら、休んでいい

でも、そうは言っても、毎回、毎回うまくいかないと、人間、誰しも疲れるものです。そういうときは、2か月ほど、お休みしましょう。

結婚相談所も、お休みできるシステムがありますから、それを利用して、「婚活をしない」時期を作るのです。

実際、「婚活に疲れて2か月休み、そのあと、再開したら、すぐに、運命の出会いがあった」・・・という例もあります。

疲れた状態で続けるのでは、何事もうまく運びません。休養も時には必要。疲れたら、休んでいいのです。

そして、また、力が湧いてきたら、新しくリスタートすればいい。そんなスタンスで婚活を続けてみてください。

しあわせになるための作業なのですから、できるだけ、ハッピーな気持ちでやっていくことをおすすめします。

このページの先頭へ