あの娘が内緒で結婚を決めてきた!!その裏には…

おしゃれなカップル
30代を過ぎ、女子会メンバーも減っていくなか、事前に相談もなく結婚宣言をする友人に愕然!? 最近、そんな悲鳴があちこちで聞かれます。実は、仲の良い女友達にも内緒で婚活をする「隠れ婚活女子」は多いとか。しかもこんな『隠れ婚活女子』に限って、結婚まで行き着く勝ちパターンになりやすいんです。

友人からの突然の結婚宣言

まさかの女子会内裏切り

34歳のOL、Aさんは、仕事に遊びに毎日充実する日々。でも結婚もいつかしたいなと漠然と考えていました。親友も独身、充実した日々がなんとなく続いていました。

晩婚化の時代。Aさんは無理に結婚する必要はないと思っていました。親やたまに会う親戚に陰で何と言われても気になりません。友人の子が小学生になったりしても、まあ人それぞれかなと。そして、そのうち自分に合ったいい人が見つかるんだろうなと…。

ところが、ある日突然、友人から結婚宣言が。いつも一緒に飲んで、悩みを共有してきた親友の突然の告白に「頭が真っ白」。なんとか「おめでとう」と言った後、じわじわと裏切られた気持ちになるのを抑えられなかったといいます。

秘密の婚活は本気度大

結婚相談所に来る人は、婚活をしていることを親しい間柄にも打ち明けないケースが多いことをご存知ですか。友人同士、女子会の延長として婚活パーティーに来ている人ももちろんいます。しかし多くは一人で来ています。、本気度が感じられるのが30代の婚活です。

だから、友達も知らない間に結婚が決まっていくことも多いのです。

次々と結婚していく友人。その度にドレスを新調し、ご祝儀と笑顔を贈り、終わった後に残る焦る気持ち。この負のスパイラル。しんどいですよね。30代の女子会では「うん、うん」といつも話を聞いてくれている友人だって、裏では婚活を始めているかもしれないのです。

決めるのはあなた自身!チャンスは、今。

悲しくなる晩婚化の事実

女性の年齢別婚姻率
厚生労働省調べ、年齢別婚姻率(人口千対) −平成2・7・12・17年−

晩婚化といわれる中、30代でも危機感のない人は大勢います。しかし、データでは30歳をピークに結婚するカップル数はどんどん減少。特に、女性に関して言えば、30歳直前の山場を越えるとチャンスが激減するということを表していますね。

さらに、どの世代も結婚相手に希望する年齢は20代という、わかっていても寂しくなるデータがあります。

z313国立社会保障・人口問題研究所調べ、結婚相手に期待する年齢

日本の男性には年の差に関わらず20代女性を希望する哀しい習性があるようです。

結婚市場を全体的にみると、35歳まで可、40歳まで可と足切りが始まるまえに動き出すことが得策。

大人女子を楽しんでいる充実の30代。しかし現実的には、30代後半にさしかかるまでが、相手を選んで結婚できるかどうかのひとつの分岐点です。やはり、気づいたときが時が婚活の初め時なんです!

自分で動く、切り替え早めが鍵

学生時代から老けない、変わらないといわれて安心していませんか?美容に気を使っていても、30代になった時点で男性からの扱いに変化があるはず。積極的に動かなくてもチヤホヤされてきた時代はもうこないかも。そんな現実をひしひしと感じている女子も多いかもしれません。

友人に裏切られたAさんのケースでは、どうでしょうか。危機感をより強く持っていた友人が積極的に動いた結果、密かに結婚にこぎつけたということです。

お友達同士でワイワイ参加している婚活女子もいますが、本気で婚活をしている女性は、おひとりさまがほとんどなんですよ!

日本人男性は「若い女子好み」。、ライバルを40代と想定すると、30代の早い時期から積極的に動けば、かなりの確率で結婚にたどり着くことができます。そこに乗るか乗らないか、決めるのは自分自身です。

「いつかは結婚」を現実に

結婚は自分からつかむ時代に

恋愛結婚が当たり前の今ですが、女性は「王子様を待っちゃってる人」がまだまだ多いんですね。「結婚は自然な恋愛の流れでしたい、良い出会いとタイミングが合えば。」というスタンスを切り替えるには勇気がいります。

でも、待ってるだけじゃダメなのが30代女子の現実。それと併せて、ガツガツとするのは恥ずかしい、イタイ女になりたくないといったプライドが邪魔をするのも現実。そのはざまで揺れている時間、もったいないです。

自分の生活リズム、自分の仕事・趣味を持っている独身生活。完結して、充足している心地いい状態には違いありません。でも、30代も半ばの今、「結婚」を人生のどこかで実現したい気持ちがあるなら、すぐに意識を変える必要があります。

短期決戦の婚活なら、一日でも早く

もし、一人では思いきれないなら、頼りになるプロに相談を。だって、私たちはプロですから!「わかる、わかる」と悩みを聞くだけでなく、的確なアドバイスで夢を実現する筋道を示すのが、結婚相談所などに居るアドバイザーの役割です。

婚活では本気の出会いを見つけられるかが大きなポイント。20代後半が売り手市場の婚活パーティーではなく、30代が主流の一つ一つのマッチングに丁寧に対応してくれる結婚相談所がおすすめです。

30代が40代に対してプライオリティ(優位性)を持てるフィールド(婚活市場)で、いかに早くポジション(婚活スタート)と情報を得られるかがポイント。コストの面からも短期決戦を望むなら、一日も早い婚活スタートが一番の近道になりますよ。

足踏み状態のあなたに、本当に信じられる婚活パートナーがいれば、夢の実現へ大きな一歩につながります。結婚を夢で終わらせたくないという強い気持ちがあるなら、実質上婚活ライバルたちとの女子会よりも一人婚活がかなり有力です!

本心では結婚したいと思っているあなた。いつかではなく、今、行動に移しませんか?一歩踏み出したいあなたをサポートする心強い味方もいます。私です。(笑)

このページの先頭へ