好きじゃないけど結婚する人の、「ちょうど良い」ってわかりますか?

好きじゃないのに結婚したイメージ
えっ? 好きじゃないのに結婚しちゃったの?

今どき、政略結婚?

なんで? 結婚って、好きな人とするものじゃないの?

と色々な疑問の声がたくさん聞こえて来そうです。

でもそうじゃない結婚もあるんです。

美和子さんの告白

美和子さんは、40歳。

全体的に柔らかい空気をまとっていますが、性格はちょっとキツメ。熱くなりやすい質なので、時には機関銃のように喋りだして、止まらなくなることも。特に愚痴と恋愛の話をし出したら、もう、止まりません!(笑)

そんな美和子さんと久しぶりに会った時のこと。妙にあっさりとした口振りで

「あっ、そうそう。私、結婚したんです。」

と、その報告にビックリ。

半年前の美和子さん

なぜなら、ほんの半年前には、

「結婚したいんですけどね。出会いがないんです。あったとしても、タイプじゃない人とばっかりで。結婚はしたいんですけどね。でもなぁ。」

なんて、言っていたんです。

その時は、婚活パーティーの雰囲気がどんな感じなのか、他にもきちんと選べばネットでの婚活も出来るなどということを話しました。

美和子さんの答えは

「う〜ん。やっぱり婚活しないとですよね。
出会いがないなんて、言ってる場合じゃないですよね。
それは分かってるんですけど…」

という具合でした。

さらなる告白

美和子さんからの結婚報告は、ビックリしたものの、嬉しい報告でした。心から「おめでとう」と伝えると、美和子さんの機関銃トークが始まりました。

そして
「別に好きって訳じゃないんですけどね。」
と衝撃の告白が!

「別に好きな訳ではないんですけど、嫌いではないし。
まぁ、良いかなって。
昔からの知り合いで、あっ。でも、友達って訳ではないんですけどね。

なんか一緒に居ても別に嫌じゃないし。落ち着くって言うのかなぁ。
なんか色々、面倒くさいことを考えなくても良いし。それなら結婚してもいいかな。」

と。

美和子さんが求めたもの

美和子さんが結婚に求めたもの。それは結婚する相手との関係性の中で感じる「心地良さ」だったのです。

この「好きでも、嫌いでもない」と言う関係性に、なんとも言えない心地良さを感じたんですね。

好きの反対は嫌い?

好きと嫌いは、表裏一体、紙一重なんです。相手の好きな所が嫌いな所になったり、嫌いな所が好きな所になったりは、日常茶飯事です。

例えば、相手の優しい所を好きになったけど、誰にでも優しいから嫌いになったり。

強引な所が嫌いだったけど、リーダーシップを発揮しているのを見て好きになったり。

ギャップにやられてしまうのに、似ていますね。そんな経験、あなたにもありませんか?

「好き」と言う感情も、「嫌い」と言う感情も、相手のことを強く意識しているからこそ、起きる感情なんです。

ちなみに、好きの反対は、嫌いではないんです。「無関心」なんですよ。さすがに「無関心」は…、いただけません。

好きでも、嫌いでもない

では、相手のことを「好きでも、嫌いでもない」だったらどうでしょう? 好きになる所もないけど、嫌いになる所もない。もちろん無関心ではありません。

「好きでも、嫌いでもない」と言うことは、相手のことを、意識し過ぎるわけでもなく。かと言って無関心なわけでもない。お互いに、ほど良い距離が保てている関係と言えるのでしょう。

良く言う「空気のような存在」と言う状態が、この関係なのかもしれません。

「けど」と「だから」

1つ、気付いた所がありませんか? 

美和子さんは、好きでも嫌いでもない「けど」結婚しました。
好きでも嫌いでもない「から」結婚しないと言う選択肢もあったのに。

どう捉えるかによって、選択肢は広がり、その先の結果は変わってくるのです。

結婚における「好き」って?

でも、やっぱり好きでもないのに結婚なんて、ちょっと寂しい! と、あなたは思っているかもしれません。

大好きだから、価値観が合うから、安定したいから、結婚したい! そう思うのは、当然です。

結婚において大切な「好き」は、相手の幸せを願い、寄り添っていたいと思えることだと思います。

結婚したら、自分にとってメリットがどれだけあるか、を考えるのではなく、一緒にいる人の幸せをどれだけ、考えられるかです。

美和子さんの「好きでも嫌いでもない」には、もしかしたら、照れ隠しもあったのかもしれませんね。

結婚の仕方

結婚は、大恋愛の末にするものばかりではありません。もちろんそんな結婚もたくさんありますが、「自然な流れで」とか、「なんとなく良いかなって思って」で、結婚した・結婚してみた・結婚しちゃったという人の方が、意外と多いのです。

なかなか全てがピッタリ!な人を探す出すのは難しいかもしれません。かと言って、妥協することを勧めているのわけではないですよ。

答えは「ちょうど良い」かも

ただちょっと、好き・嫌いを、フォーカスするのではなく、距離感がちょうど良かったり、空気感がちょうど良かったりと言うような、あなたの「ちょうど良い」にも、ピントを向けてみてください。

「好き!」と直球勝負だけではなく、たまには「嫌いではないから〜」と、変化球も交えて考えてみてはどうでしょう? 

そうすることで、出会いの幅が広がります。今まで「良い人だけど好きって感じじゃない」と思っていた人が、実は「ちょうど良い」人かもしれません。

視点を変えると、今までと風景が変わることもあります。肩の力を抜いて、もっと気軽に出会いを楽しんでみませんか。


「ちょうど良い」お相手を探すなら、今までの異性の友人を先ず考えてみましょう。

あまり思い当たる人がいなければ、新しい出会いを求めるのもありですね。

「新しい出会い」が一番豊富なのは、婚活サイト。

登録無料なので、試しに登録し、あなたにアプローチしてくるお相手を確かめてみては。
結婚し隊がおすすめする大手優良婚活サイト

また、結婚にダイレクトにつながる出会いを探すなら、結婚相談所という選択肢もあります。

ただし、結婚相談所はサービスがしっかりしている分、費用が高額。先ずは資料を請求して、良さそうな会社に無料カウンセリングや体験入会を申し込みましょう。しっかり話を聞いてから入会して下さい。

大手結婚相談所の資料はこちらから一括で請求できます。今なら限定キャンペーンあり。
結婚相談所の一括資料請求(無料)はこちらから

このページの先頭へ