婚活するための「不倫の終わらせ方」とは

不倫のイメージ
このページを見ているあなたは、不倫中ですか? その手前、または終わった後?

きっかけは、些細なことだったかもしれません。職場の上司、先輩、後輩、昔の恋人。男女が不安定な状態なときに、おこる事故。それが不倫。どちらからアプローチしたのかは、問題ではありません。事実として、不倫があります。

ここでは、不倫を肯定も否定もしません。ただ、あなたが本当に幸せになるためにはどうすれば良いのか。そのことについて少しでもヒントになればと思います。

不倫が楽しい?

あなたはその不倫が楽しいですか?

これが、一番大切なことです。

もし、あなたが胸を張って楽しいと言えるなら、あなたはそのままで良いかもしれません。あなたの人生を突き抜けることも良いでしょう。人それぞれ事情があります。

しかし、もしあなたが罪悪感や不安感、むなしさを感じているのなら、もう少し読み進めて下さい。

不倫は犯罪? それとも純愛?

不倫は犯罪なのでしょうか?

正しくは、不倫は犯罪ではありません。しかし、訴えられるリスクはあります。犯罪とは「刑事罰に該当する行為」、不倫は刑法で罰せられません。民法第770条の離婚事由に相当するため、不倫は訴訟対象になります。

訴訟になった場合は、事実として不倫している以上、あなたの敗訴になります。不倫現場がバレた場合は、間違いなく敗訴です。また、確実な証拠があればほぼ敗訴と考えましょう。

敗訴して、あなたが支払う慰謝料の相場としては、この様になります。

  • 離婚も別居もしない場合  50〜100万円
  • 浮気が原因で別居した場合 100〜200万円
  • 浮気が原因で離婚した場合 200〜300万円

あくまでこれは目安です。正確には、様々な要素を含めて総合的に判断されます。たとえば、年齢、婚姻期間、浮気の主導者、意図、否認、妊娠や子供の有無、社会的地位と資産など。

お金より、裁判の場で裁かれるという精神的な面が厳しいかもしれません。これが不倫の現実です。

一方で、不倫を肯定する意見もあります。

有名なのは、石田純一氏が「不倫は文化だ」と言ったこと。今でもマスコミにとりあげられます。また、フランスのミッテラン大統領が不倫について質問された際に「それがどうしたの?」と答えたことも有名です。

また、映画や小説、ドラマでも、不倫が当たり前のように描かれています。ドラマチックな純愛話に、不倫はスパイス的要素として使われます。

では、不倫は純愛なのでしょうか? それも違います。たまたま、純愛が不倫だったケースはあるかもしれませんが、不倫イコール純愛とはいえません。

不倫は成就するか?

不倫は成就するのでしょうか?

それはケース・バイ・ケース。一概には言えません。不倫の行く末としては、成就、破綻のどちらかです。

成就とは、不倫の相手が今の奥さんと離婚して、あなたと再婚することです。でも、それは本当に幸せでしょうか。不倫の末の結婚には「覚悟」が必要になります。

覚悟とは、まず周囲の目です。不倫から結婚した場合、確実に周りの人にバレます。夫が不倫して妻は略奪愛。そんな夫婦として、将来もずっと周りから見られ続けます。

また、子供の問題もあります。ママ友のネットワークで子供の友達に知られ、子供が不倫の子だといじめられるかもしれません。

また、子供もいつか気付くことになります。自分の親が不倫して、その結果生まれたという事実を受け入れるまで、傷つくかもしれません。その時に不幸になった元妻の方はどうなったのか。子供にどうやって説明するのか。切実な問題です。

さらに切実なのは、不倫の相手です。一度不倫した人は、かなりの確率でまた不倫します。つまり、あなたと結婚しても、また不倫する可能性が高いと考えたほうが良いでしょう。

出張や仕事で夫が帰らない日々。今度はあなたが悶々とする番かもしれません。携帯電話の着信履歴や通話履歴、画面のロックが気になる様になってしまうかもしれません。

不倫する人は、結局また不倫するのです。これは略奪愛の宿命だと諦めましょう。

不倫は永遠に続くのか?

では、不倫の関係は永遠に続くのでしょうか?

これはあり得ません。すべての人は歳をとります。年齢を重ねると、どうしても異性への意欲が衰えます。不倫は、どこまで行っても、その根源は異性への欲望です。性的なものも、感情的なものも含めて。

いずれ、あなたの不倫相手は、あなたから離れることでしょう。その時は相手には家庭があります。しかし、あなたには家庭はありません。これも必然の結果です。この結果も含めて、不倫をする覚悟が必要です。

不倫をやめたい?

そろそろ潮時。もう不倫を清算したいと思っているあなた。それが不倫の終わらせ時です。相手の男性には、あなたを止める権利はありません。

思い切ってストレートに終わりを告げましょう。それが一番確実で正確に終わる方法です。

そんなことを言うと、嫌われるのが怖いですか? もし、あなたが相手に嫌われるのが怖いと思うのなら、それはまだ潮時ではないかもしれません。嫌われても良いと思わなければ、終わることができないでしょう。

不倫の終わらせ方とは

ここで「不倫を終わらせる」というのは、あなたの心のなかの気持ちを終わらせるということ。形だけ終わらせるのであれば、ただ口に出して言えば良いのです。

しかし、肝心なあなたの気持ちが終わっていなければ、またズルズルと関係は再開してしまうでしょう。

あなたの気持ちを終わらせるために大切なこと。それは、脳の中の同じ部分を忙しくすることです。

趣味や運動に打ち込むのも良いのですが、それでは一時的に気が紛れるだけ。一番効果的なのは、今まで不倫相手に使っていた脳の部分=「恋愛脳」を別の相手に使うのです。

その為には相手を見つけなければいけません。積極的に活動して、相手を見つけ、あなたの「恋愛脳」を忙しくするのです。

気付けば、過去の男に対して「恋愛脳」が使われなくなります。ときめかなくなるのです。

そうすれば、確実にあなたの中でも、事実としても不倫は終わることになります。

迷っているなら行動を

もし、あなたがまだ迷っているなら、試しに婚活パーティーや婚活サイトに登録することをオススメします。

驚くほど気軽に、素敵な男性と出会うことができます。

もちろん、結婚相手を見つけたら、結婚してしまえば良いのです。

ただ、まずはあなたの「恋愛脳」を別の人で忙しくすることをオススメします。結婚を考えるのはその次のステージだと考えましょう。


恋愛脳を忙しくさせるなら様々な方法がありますが、必要なのは新しい出会い。

「新しい出会い」が一番豊富なのは、婚活サイトでしょう。

登録無料なので、試しに登録し、あなたにアプローチしてくるお相手を確かめてみては。
結婚し隊がおすすめする大手優良婚活サイト

また、結婚にダイレクトにつながる出会いを探すなら、結婚相談所という選択肢もあります。

ただし、結婚相談所はサービスがしっかりしている分、費用が高額。先ずは資料を請求して、良さそうな会社に無料カウンセリングや体験入会を申し込みましょう。しっかり話を聞いてから入会して下さい。

大手結婚相談所の資料はこちらから一括で請求できます。今なら限定キャンペーンあり。
結婚相談所の一括資料請求(無料)はこちらから

何を選ぶかは、あなたの自由です。

あなたが本気で行動すれば、きっと良い出会いが待っています。この記事を読んで頂いたのも何かのご縁、あなたの幸せを心よりお祈りしております。

このページの先頭へ