後悔する前に!「30代の同棲」に潜む危険とは

買い物を楽しむカップル
恋人同士で過ごす時間、幸福感と緊張感があって楽しいですね。

もっと一緒にいたいからという理由で同棲を考えている30代カップルのあなた、この記事を読んでからでも遅くないですよ。

「同棲するなら結婚した方が良い」いろんな人からも言われたかもしれません。
「そんなこと余計なお世話」って気持ちも分かります。

でも実はその理由って奥が深いんです。

結婚するメリットについて考え直してみると、ずるずる同棲している場合ではないかもしれません。

相手に結婚の意思がないなら要注意! 

もっと真剣に結婚に向き合ってくれる相手を、探すべきときなのかもしれません。

30代の同棲って不安じゃない?

お試し同棲に潜むリスク

恋愛と結婚の間、良いとこ取りと思える同棲ですが、30代でスタートするには賛否両論が。

せっかくいい感じの仲になって、もっと近くなりたいし、結婚前にお試ししたいという気持ちはわかります。

でも、よく考えて!

30代で数年間同棲し、彼の嫌なところ、あなたの嫌なところがお互いに目についてお別れになったら? 

あなたは今より、数年分の年齢を重ねて、また恋愛の相手を探さなくてはいけないのです。

30代の1年は、女性にとって大きな1年。20代の1年とは重みが違います。

残された時間が全く違うのです。

あなたが将来子供を産みたいと考えているなら、一般的な医者の意見では「35才」が一つの出産リミットだと言われていることは知っておいた方が良いでしょう。

もちろんそれ以上でも出産は可能ですが、どうしても不妊、流産、ダウン症などのリスクが高くなることを覚悟する必要はあります。
(こちらも参考に⇒子供の出産は何歳まで? 出産適齢期を考えた婚活とは

既婚者の体験談として、結婚していればこそ、家族だから目をつぶれる、諦められるところは大きいもの。

結婚したのだからとあきらめていると、時間が経てば、段々気にならなくなるのです。

こういった小さな障害は、一緒に暮らすとたくさん、たくさん、たくさん、あります。

結婚していれば乗り越えられる「ちょっとしたこと」が、同棲だと乗り越えられません。同棲には、大きな失恋リスクが含まれているのです。

期限付き同棲ならOK

もちろん、あなたにとっても彼を見極めたい気持ちもあるでしょう。

でもできればお互いに両親に挨拶くらいはしておいた方がいいですね。

簡単な理由で別れられない理由として、少しは効果があります。

いつでも解消できる同棲は、30代男性にとっては責任がなく気軽なもの。

男性も悪気はありません。

ですが、出産のリミットを考えると30代女性にとっては大きな賭けになります。

結婚というけじめをつけてくれるかどうか、不安を感じながら長年過ごすのは結構ストレスになります。

30代で結婚ではなく同棲をするなら、結婚を念頭に置いて期間限定というのが賢いやり方です。結婚資金を貯めるといった理由なら上出来。彼の本気度も測れますね。

同棲にはない結婚のメリット

社会的に安定する

好きだから一緒にいられればいいとは限りません。

結婚にはだらだらと付き合っているだけでは得られない、大きなメリットがあります。

相手を束縛しなくても簡単には離れて行かないという安心感があります。

好きだからこそ、社会的に公認された関係になることで安心できますね。

育ててくれた両親にとっても、自分たち亡き後も一緒に過ごしてくれるパートナーを見つけてくれれば一安心です。

「孫の顔」も見せられる確率が上がるかもしれないですし。

またたとえば、万が一の場合、交通事故や急な病気などで病院に担ぎ込まれても、夫婦であれば連絡してもらえますが、同棲相手には連絡されません。

夫婦と同棲相手では扱いが全く違います。

細かいことでは、配偶者控除といった税務上の優遇も受けられるようになります。

会社によっては家族手当や結婚祝い金があるところも。

社会的なステータスとして結婚は今でも大きな意味を持っているんですね。
同棲のイメージ

経済的な安心を得られる

以前は結婚後は女性が家庭を支え、男性が外で働くという分業が普通でした。

しかし今は時代が変わり、共働き世帯が一般的。

共働きを求める声は、女性だけでなく男性からも上がっています。

職場での経験の長い30代女子なら、仕事も大切ではないですか。

今の時代は、女性が仕事を続けて結婚生活を送ることも普通にできます。

データでも女性会社員の54%が結婚後も同じ仕事を続けていることがわかります。

結婚後の女性が仕事を継続した割合女性の結婚後仕事継続率厚生労働省調査 平成22年より

ダブルインカム制にしておけばいざという時にもセーフティーですね。

どちらかが病気で倒れても、お互いに職があれば生活が立ち行かなくなることもありませんし、いざというときの高額な医療費にも対応ができます。

女性にはガラスの天井問題(出世が難しいこと)などがあり、今の日本ではまだ男性の方が稼ぐ力が強いのが一般的。

(もちろん例外もありますが、)女性の収入をサブとして、ゆとりある生活を目指すカップルも増えています。

生涯にわたって生計を共にするには、やはり結婚することが大切です。結婚は法律で定められた契約です。契約をしておけば、一時の感情や気の迷いでは簡単には解除されません。

家族として経済的に支え合えるのは大きなメリットです。

その相手は結婚相手?

同棲の話があるということは、二人の仲はそこそこ良い状態のはず。

でも相手が結婚を渋るようなら、あなたも少し考えなおす方が良いかもしれません。

相手が結婚を渋っていたり、結婚の話題を避けるようなら、一時距離を置いて新しい出会いを求めてみては。

あなたから切り出しても彼が結婚に踏み切らないのは、今の関係の上に都合よくアグラをかいている状態なのかもしれません。

本当に責任を取り合える間柄なのか見極める必要があります。

こちらも参考に
「結婚願望がない男性」とつきあっているあなたへ

男女の結婚願望には大きな差があります

男性の結婚願望を見ていると、30代前半では早く結婚したいという人は約13%。

それに対して女性の30代前半では約33%になっています。

すぐに結婚!となると、結構大きな温度差があるのが現実です。

結婚願望の調査データ表
明治安田生活研究所調査より

あなたが結婚を望むなら、一番大切なのは結婚願望のある人と付き合うこと。

どんなにイイ男でも、一生結婚するつもりのない人もいます。

事実、東京では40才男性の3人に1人が結婚していません。(総務省/国勢調査2015年による)

そんな「結婚しない男」を相手にしてしまった女性は被害者なのです。

結婚願望のある男性を探すなら、誰にも知られずにできる婚活だってあります。

一番手軽に、誰にも知られずに始められるのは、婚活サイトです。

大手の優良婚活サイトなら、セキュリティもしっかりしており安心。
(詳しくはこちら⇒結婚し隊おすすめの大手の優良婚活サイト(登録無料)とリアル口コミ体験

また、もっと結婚に真剣な出会いを探すなら、結婚相談所という選択肢もあります。

30代以上のすぐに結婚したい人が、大勢待っています。

忙しくてチャンスがなかったような高年収の働き者も多いのです。

そうした人が出会いを求めてきているんですね。
(コチラも参考に⇒結婚相談所の詳細は一括資料請求がお得で便利、いまなら限定キャンペーンあり

出会いを探すなら、いくらでも方法はあります。

30代の今を大切にしてください。

このページの先頭へ