自分に自信がなくて結婚を躊躇しているあなたに

手をつなぐカップル
「私は美人じゃないから、結婚できないかも、、」

「男子と会話するのが苦手だから、結婚は無理、、」

そんな風に自分を悲観して、自分は結婚に向いてないと決めつけてはいませんか?

結婚に大切なのは縁と相性

では、そういう人は、本当に結婚できないのでしょうか?

あなたの周りの人たちを見回してみてください。結婚できているのは、きれいな女性ばかりでしょうか?

もしそうなら、世の中の婚姻率は、もっと下がっているはずです。

世の中は、うまくできているものです。まわりが「この人とうまくやっていける人はいないだろうな」と思っていたような人でも、ちゃんとその後結婚できています。

実は、結婚は縁とか相性とかそういうものが大きく関係しているのです。

運命の相手に出会うとこうなる

ここでは、ある二組のカップルのケースを例にして、お話してみましょう。

1.あがり症の吉田さんの場合

お見合いになると、うまく話せなかった吉田さん

吉田美恵さん(35才仮名)は、20代からお見合いを繰り返していましたが、なかなか、うまく結婚までたどり着けないでいました。相手のほうからお断りされることが多かったのです。

素の吉田さんは、仲良くなれば明るくて普通にしゃべる人なのですが、お見合いという場に緊張していて、自分が出せないでいました。あまり笑顔を見せるのも得意でなかったので、寡黙で表情も暗いイメージにとられてしまいがちでした。

容姿の面から言うと、正直、吉田さんはそんなに恵まれている方ではなかったし、男性が望むような「気の利く女性」という感じでもありませんでした。

そういう点もマイナスに働いて、なかなか、結婚までたどりつけないでいるのだと周囲は思っていました。

そんなある日、吉田さんは、1歳年上の佐藤浩さん(36才仮名)とお見合いします。佐藤さんも、容姿の点では、吉田さんの好みからはどちらかというと、外れている男性でした。

運命の相手に出会った途端に・・・

ところが、吉田さんは、佐藤さんと話すととても楽に話せるということに気付きました。佐藤さんが営業職の人で、相手の話を引き出すのがうまかったというのもあったと思います。吉田さんは、佐藤さんの上手な相づちや質問のおかげで、急におしゃべりに変身しました。

佐藤さんも営業職ではありましたが、どちらかというと質問したり相手の話を引き出すことが得意の人でした。やはり、二人の相性が抜群によかったのです。

ほかの男性と会ったときは、ほとんど会話することのできなかった吉田さん。それが、佐藤さんと会ったとたん、素の吉田さんになれたのです。

他の条件でも比較的会っていた二人は、意気投合して半年後、結婚されました。

結婚後は、お互いに、それぞれ、欠点はあることを発見したものの、それを上回るくらい相手の長所を見つけることができ、しあわせな毎日を送っていると話されていました。

これが、相性の良さです。

2.女性経験の少ない田中さんの場合

もうひとつのカップルの場合についても、ご紹介しましょう。

お見合い相手とうまく話せなかった田中さん

田中尚人さん(36才仮名)は、国公立大学の情報工学科を卒業し、大手企業のメーカに研究職として入社しました。

身長は低いですが、ルックスは並の上といった感じで、性格も温厚です。出会いの機会がないので、結婚相談所に入会しました。条件が良いのでお見合いのお申込みは絶えず、いろんな方とお見合いをされました。

ところが、田中さんは、大学時代も職場も理系だったので、周りは男性ばかり。実は女性と交際したことがありませんでした。女性と会話することがあまりないので、お見合いの場になると上手く会話することができなくなるタイプだったのです。

条件だけは申し分がないのに、女性とうまくしゃべることができない点がネックにもなり、30歳半ばを過ぎてもなかなか結婚できないでいました。

やはり、運命の相手に出会うと・・・

そんなある日、田中さんにも運命のお相手が現れました。橋本里奈さん(36才仮名)です

それまで、田中さんは年下の女性とばかりお見合いをしていたのですが、そのときは周りのアドバイスもあり、同い年の橋本さんとのお見合いをすることになったのです。

すると、それまでお見合い相手と会話が苦痛だった田中さんが、会話を楽しめることに気付きました。その理由のひとつには、お互いの趣味が一致していたことがあります。

実は、田中さんは子供の頃からクラシック音楽が大好き。ピアニストの中村紘子さんに憧れていたそうです。そして、橋本さんはなんと音楽大学を出たピアノ教師でした。

また、同じ年で出身も近かったため、子供の頃の話や地元の話で盛上がりました。お互いの趣味や興味が一致していたこともあり、田中さんと橋本さんは、話が尽きることがなかったようです。

そして、積極的な性格だった橋本さんのほうが、田中さんのことを気に入り、会って一か月で「はやくプロポーズしてほしい」とさえ言い始めたとか・・・。

田中さんは、慎重な性格なので、ちょっと時間をかけて考えていましたが、やはり半年後ゴールインされました。

積極的な性格の橋本さんと、おっとりしていて慎重な性格の田中さんとの相性は抜群で、結婚後もお互いが自分にないものを持っている相手のことを尊敬しながら、しあわせに暮らしているとのことです。

縁があり、相性がよければ結婚はできる

縁や相性というのは、こういうものなのでしょう。

ほかの人と一緒の時には、ぜんぜん、上手くいかないのに、縁のある相性のいい相手と出会った途端、急に上手くことが運び始める・・・。

「自分には、そんな夢みたいなことは起こらない」

そう思われるかもしれませんが、出会いというのは、本当に不思議で、こういうことは誰にでも起こりうるものだと私は実感しています。

そして、出会ったことにより二人の間で何かの反応が起きて、いままで知らなかった自分を発見したりすることも多いのです。出会いの不思議さや、その素晴らしさは、経験してみないとわかりません。

出会いにより、大きく人生が変わった人たちを多く見てきました。縁があり、相性さえよければ、どんな人でもきっと結婚できます。

是非、結婚に向けて動き出すこと、いろいろな人と出会うことを始めてください。辛いことがあっても、割りきって続けて下さい。きっと良い出会いがあります。

このページの先頭へ