結婚相談所では、会って3回以内に結婚の話を!

プロポーズする男性イメージ
結婚相談所では、ほぼ全員が結婚に前向きですが、中には決断が出来ない優柔不断な男性がいます。

結婚はしたいのですが、いざ結婚の話になると決心がつかず逃げてしまうタイプの男性です。

それは結婚相談所だけに限った話ではありません。

そもそも結婚願望が薄い男性

30代でまだ結婚していない女性にその理由を聞くと、いろいろな答えが返ってきます。

その中で意外と多いのが、「長い間つきあった彼がいたのだが、彼に結婚願望がなかった」というもの。

みなさん、とても魅力的な女性ばかりです。

なのに、人生で一番いい時期を、結婚願望がない男性と長い間つきあっていたがため、結婚できなかったのです。

一般的に、男性は結婚願望が薄いもの。

いつまでも自由でいたいという本能があったり、子どもを望むのはある程度年齢を重ねてからでも可能ということもあり、余裕があるのです。

でも女性はそういうわけにはいきません。

子どもを望むなら結婚は一年でも早い方が妊娠しやすいし、周りの友達の結婚する年齢も男性に比べて早いのです。

いままで一緒に肩を並べて楽しく遊んでいた女友達が、ひとり、ふたりと結婚していき、だんだん独身の自分とは話題が合わなくなって来たりすると、女性は焦ります。

「私も早く結婚しないと・・・」

それで婚活を始めるのですが、婚活をして出会う男性たちも、必ずしも切実に結婚したいと思っているとは限りません。

男性は、
「社会的に結婚していないと一人前に見られない」
とか
「そろそろ、子供が欲しいから」
というような義務的に結婚を考えている人も意外と多いのです。

なので、女性の方がしっかりしないと、ただ結婚相談所で会えば結婚できる・・・というわけでもありません。

こちらも参考に
「結婚願望がない男性」とつきあっているあなたへ

初回から結婚について話してくれる男性は、結婚に対して前向き

結婚願望をしっかり持っている男性は、お見合いの初回から結婚についての話をしてきます。

「自分の結婚観」
「相手に対する希望」
「自分のいまの状態」
など、相手に知ってもらおうとします。

これがない男性は、
「結婚しないといけない」
とは考えていても、
「結婚する!」
と決断していない場合もあります。

でも女性の側からは、初回からあまり相手にいろいろ聞くことは、ちょっと遠慮してしまいがち。

相手が質問してきたら、それに対して自分の結婚観や、相手に対する希望など、いろいろ話していく・・・そんな感じで終わることが多いと思います。

初回はお互いの雰囲気や相性を確認することが大事なので、それでいいのです。

だからといって、そのまま深い話をしないままお付き合いを続けるのはよくありません。

3回会っても結婚の話題が出ない場合

お相手に会って、3回目になっても結婚に対しての具体的な話が無いなら、女性の側から聞いてみましょう。

「どんな家庭を築きたいと思っておられますか?」
「奥さんになる人に、こうしてほしいとかいう希望はありますか?」
など、具体的に相手に質問してみましょう。

結婚することを前提に、結婚相談所を通じて出会っているわけですから、遠慮することはありません。

むしろ、会って3回目になっても具体的に結婚に対する話が出てこないこと自体よくありません。そういう場合は、きちんと女性の側から、結婚についての話をふりましょう。

そのことによって、相手がどれだけ「結婚」に対して真剣に向き合っているのかがわかります。

結婚相談所を利用して結婚された方の中には、女性の方から、結婚についての話し合いを申し込んで、やっと結婚にたどりついたという方もいます。

自分から相手をリードして結婚した美穂さんの場合

例として美穂さんの場合を紹介します。

美穂さんは、彼女の写真を見てひとめぼれしたお相手からのお申込みで、お見合いをしました。

会うことが決まり、電話で話をしたときのお相手は、とてもおどおどしていて、美穂さんは不安を感じながら会ったそうです。

ところが会ってみると、とてもさわやかで自分の好みのタイプだったのだとか・・・。

それでトントン拍子でお付き合いが始まったのですが、1か月たって結婚の話を彼女のほうからしてみると、何と彼の考えている結婚の時期は2年後でした。

「ゆっくりおつきあいして、2年後結婚できたらいい」そんな感じだったそうです。

美穂さんは、もう結婚適齢期と言われる時期を過ぎているので、一日でも早く結婚したいのに、あまりに呑気なお相手の態度に泣いてしまったのだとか・・・。

確かに、恋愛ならともかく、結婚相談所で出会って2年後に結婚というのは、女性の立場からすると、あまりに遅すぎます。

そして、じっくり彼に自分の気持ちを伝え、「自分は2年は待てないから、別れるか、できるだけ早く結婚するかを選んでほしい」とお願いしたそうです。

彼は、本当にのんびりした性格なので戸惑っていたそうですが、美穂さんのことが本当に好きだったらしく、できるだけ早く結婚することを承知してくれたそうです。

それでも結婚は1年後となり、これは結婚相談所を通しての結婚としては、かなり遅いものでした。

ただ美穂さんがここで真剣に彼と結婚について向き合っていなければ、1年後の結婚さえも実現していなかったでしょう。

3回目までには結婚の話をするべき

女性と男性の結婚の時期に対する切実さは、こんなに差があります。

なので「あまり結婚を急がせると、相手に嫌われるのでは?」とか思う必要はありません。

実際そう考えてしまい、お付き合いが始まってもなかなか結婚について話し出せない女性も多いです。

でも結婚相談所で出会ったということ自体、お互い結婚を前提として出会っているわけですから、遠慮することはありません。

会って3回目までに、お相手から具体的に結婚についての話が出なかった場合は、女性の側からしっかり確認してみましょう。

これはとても大事なことです。

お互いが真剣に結婚に向けてお付き合いをしているのだということを、早い時期に確認しあうことで、その後の展開がスムーズにいきます。

結婚においては、女性の側もある程度はリードしていくことも大切なのです。


なぜあなたはこの様な悩みを検索しているのですか?

もしあなたが、今の結婚相談所で気軽に担当者へ相談しにくいなら、結婚相談所を変えることも選択肢のひとつかも。

個人経営の結婚相談所では、気を使ってなかなか聞けない雰囲気のところもあります。

一方で大手結婚相談所(コンシェルジュ型)では、気軽に担当アドバイザー(コンシェルジュ)に相談できます。

あなたの今の結婚相談所で、1年以内の成婚率はどのくらいでしょうか?
個人経営の結婚相談所では1年以内の成婚率が10%未満、
一方で大手結婚相談所では50%を超えるものも。

詳しくはこちらも参考に
結婚相談所(コンシェルジュ型)の特徴とトップ3社の徹底比較

このページの先頭へ