「どうしても子供が欲しい30代女性」の婚活には、こんな方法も

結婚し幸せな出産をした女性
婚活を頑張っている女性の中には「結婚して子供が欲しい」と願っている女性が多くいます。

国立社会保障・人口問題研究所の出生動向調査によると、「婚活が実った先には、出産したい」と思っている女性が9割以上という結果が出ています。理想の子供の人数は、平均で2.12人。なかには、「子どもは、何歳までに何人欲しい」など、具体的に理想を描いている女性もいるでしょう。

しかし、結婚したからといって必ず子供を授かるとは限りません。子供が授からないことで悩んでいる既婚女性はたくさんいます。

それでは、結婚したらどうしても子供が欲しいという女性は、どういうところに注意して婚活すれば良いのでしょうか。

結婚すれば子供が授かる? 万が一の不妊治療時にも、協力的な男性を

結婚すれば子供を授かる、と思っている方は多いですが、実際には、女性は35歳を過ぎると、自然妊娠の確率は低下していきます。それだけではなく、流産率が増加します。
(詳しくはこちらも参考に⇒子供の出産は何歳まで? 出産適齢期を考えた婚活とは

「30代後半や40代でも妊娠して元気な子供を出産している女性をたくさん知っている」という方も多いと思います。しかし、彼女たちも影で不妊治療し、時間とお金、そして心身の苦労を乗り越えてようやく妊娠・出産した可能性は大きいのです。

もし、あなたも自然妊娠が難しく、不妊治療となった場合、お互いに心も体も大変な思いをしますし、多額の費用もかかります。

また、あなたがどうしても自分の子供が欲しいというのに対し、お相手が養子でもかまわない、または夫婦二人で良いとなってしまうと、一緒に不妊治療を続けられなくなってしまいます。

不妊治療によって絆が強まったというご夫婦もいますが、反面、不妊が原因で離婚に至ってしまうケースもとても多いのです。

あなたがどうしても子供が欲しいという理由で婚活をするのであれば「強く子供を望んでいる男性を選ぶ」というのが大事です。

カウンセラーの力を借りて、男性にもブライダルチェックのお願いを

子供が欲しいと強く望んでいるのなら、間にカウンセラーが入ってくれる結婚相談所を利用する方法があります。

というのも、最近では男女共に不妊症の方が増えています。その為、男性にも、結婚前にブライダルチェックを受けてもらった方が安心だからです。

しかし、恋愛結婚や、婚活サイト等での出会いだと、ブライダルチェックをお願いしたら、安心感を得る為とはいってもひかれてしまいます。また、「子供の為に結婚するのか」と、相手を傷つけてしまう可能性もあります。さらに、その話をするまでには、長い時間を費やすことになるでしょう。

婚活において、30代の時間のロスは極力避けたいもの。その点、結婚相談所を利用すれば、早い段階でカウンセラーを通して、ブライダルチェックを一緒に受けてくれるお相手かどうか確認をしてもらうこともできます。

基本的に、結婚相談所に登録している男性は、ほとんどが子供を望んでいますが、その中でも強く子供を望んでいて、「子供のいない人生は考えられない」という男性はいます。

そいういう男性であれば、ブライダルチェックで万が一、不妊原因になりうる疾患が見つかった場合、結婚を辞めるのか、二人で不妊治療を頑張れるのか、また不妊治療するにあたっての費用はどうするのか、なども早い段階で冷静に話し合うことができます。

しかし、そういった男性は女性の年齢別での妊娠率も知っている為、30代でもできるだけ若い女性を求めています。

その為、少しても若いうちに活動を始めることが大事です。

もし、あなたがすでに30代後半でも、健康でブライダルチェックも先に受けていれば大丈夫です。

カウンセラーを通して「妊娠できる確率は年齢よりも体質の方が大きい」ということを説明してもらい、年齢のハンデをカバーしてもらいましょう。

とにかく、子供が欲しいと真剣に考えているのならば、そういった男性と出会う為にも、すぐにでも信頼できるカウンセラーの元、活動をはじめてください。

シングルファーザーも視野に入れてみる

婚活をしている男性の中には、シングルファーザーの方もたくさんいます。シングルファーザーなら、婚活サイトなどでも出会うことができます。

あなたが子供が好きなのであれば、シングルファーザーの方も、一人の男性として視野に入れてみてはいかがでしょうか。

もしそれで素敵な男性に出会えたならば、その方の子供を一緒に育てていくという選択も素晴らしいと思います。それは大変なこともあるでしょうが、お子様がいる分、幸せも2倍でしょう。

とはいえ、自ら苦労するかもしれない道を選択するのはなかなかできないと思います。

しかし、本当にあなたに合う、運命さえも感じる男性が、必ずしも未婚の男性の中にいるとは限りません。

基本的に、離婚歴のある男性を選ぶ際は、離婚理由がとても重要です。しかし、親権をとれてるということは、離婚原因は男性側より、前妻側にあった可能性が高いと考えられます。

そして、初婚の方より奥様に寛容であったり、子供の為にも、次こそうまくやろうという思い入れも強いでしょう。

いずれ、あなたも子供を授かった場合、子育て経験のない男子より、一人でも子育てができる男性というのは格段に頼りになります。

子育ては、とても大変な仕事ですが、世の中には、ほとんど子育てに参加しなかったり、大変さを理解してくれない男性もたくさんいます。それは結婚してみないとわからない部分です。

実は、夫婦が離婚する時期で最も多いのが、子供が0歳から3歳の一番大変な時なのです。

人は本当に大変な問題に直面した時に、本性が出るといいます。これは、二人だけでは見えなかった性格が、子育てという大変な作業に直面したことよって浮き彫りになった結果でしょう。

子育てにしっかり協力してくれる旦那様でないと、夫婦仲も壊れてしまうのです。

その点、シングルファザーの男性は、子供を希望する女性にとっては、最も安心でき、頼りになるお相手ではないでしょうか。

結婚とは子供が全てではありませんが、「子はかすがい」という諺もあります。子供がいることで夫婦の危機も乗り越えられたり、家族の絆も深まるということもたくさんあるのです。

どんなときもしっかりと協力して、同じ方向を向いて助け合えるお相手を選び、素敵な家庭を築いてくださいね。


幸せな結婚は、新しい出会いから始まります。

「新しい出会い」が一番豊富なのは、婚活サイト。

登録無料なので、試しに登録し、あなたにアプローチしてくるお相手を確かめてみては。
結婚し隊がおすすめする大手優良婚活サイト

また、結婚にダイレクトにつながる出会いを探すなら、結婚相談所という選択肢もあります。

ただし、結婚相談所はサービスがしっかりしている分、費用が高額。先ずは資料を請求して、良さそうな会社に無料カウンセリングや体験入会を申し込みましょう。しっかり話を聞いてから入会して下さい。

大手結婚相談所の資料はこちらから一括で請求できます。今なら限定キャンペーンあり。
結婚相談所の一括資料請求(無料)はこちらから

このページの先頭へ