「受け身の20代」から「攻めの30代」へ

sexy soldier woman on factory ruins
今、日本では結婚できない人が急増しています。生涯未婚率(一生結婚できない人の割合)も急上昇。
今の30代は、男性の3人に1人、女性の5人に1人が一度も結婚せず、生涯を終えると予想されています。(厚生労働白書より)

学校や会社、周りと一緒に先に進んでいけば自然と結婚して家庭を持つだろう。そんな受け身の生き方では、つかみにくくなっているのが今の結婚です。

20代は受け身派でも良かった

20代の頃は、受け身の女性でも恋愛や結婚ができました。

それは大勢いた積極派の独身男性が「受け身派女子」にどんどんアタックしてくれたから。受け身派女子は、アタックされるのを待っていれば良かったのです。

その後積極派の男性は、自分にふさわしい「受け身派女子」を見つけ、次々と結婚。そして20代が終わった今残されたのは、ふさわしい相手からのアタックがなかった不運な30代受け身派女子です。

30代独身男性は永遠にアタックして来ない

30代の今あなたのまわりにいる男性は、「元積極派で既婚者の男性」か「受け身派で草食系の独身男性」です。

受け身派で草食系の独身男性は、自分から女性にアタックできません。誰からみてもモテそうな素敵な男性でも同じ。受け身派の男性は、感受性が豊かで繊細なので、アタックして拒絶されることを恐れます。モテそうな男性ほどプライドも高いので、なおさらアタックできない人が多いのです。

こうして、今の30代独身男性は3人に1人が結婚せずに一生を終えるのです。

受け身派の30代女性はどうすればいいの?

不運な受け身派の30代女性は、こんな情けない受け身派の男性を相手に、どうすれば良いのでしょうか。

このまま受け身派のまま待っていては、アタックをされないまま40代を迎えることになってしまうかもしれません。

解決策は2つあります。

  • 積極派女子に変身し「受け身派で草食系の独身男性」にアタックする
  • 受け身派なりに努力して「残り少ない積極派の独身男性」と出会う機会を増やす

どちらも今までの「受け身」から「攻め」に転じる必要がありそうです。

積極派女子に変身してアタック

最初はハードルが高いかもしれませんが、不可能ではありません。

必要なのはこの2つ

  • 拒絶されてもめげない心
  • 男性を夢中にさせる心理的な駆け引き

拒絶されてもめげない心とは

「拒絶されてもめげない心」とは、ダメならダメと割り切って考えること。参考になる考え方に、アドラー心理学の「課題の分離」というものがあります。

アドラー心理学 「課題の分離」
あなたのことを相手がどう思うか、それは「相手の課題」。あなたの課題ではありません。
「相手の課題」をコントロールしようとしても、あなたにはコントロールできません。
だからあなたは、「あなたの課題」と「相手の課題」を分けて考え、「あなたの課題」だけを解決すれば良いのです。

ここで「あなたの課題」とは、あなたの一番良いと思う方法やタイミングで、良さそうな男性にアタックすること。「相手の課題」とは、あなたのアタックを相手が受け入れるかどうかということ。

この2つを分けて考えると、心がとても楽になります。

あなたを受け入れない男性は、あなたの魅力に気付かず、せっかくのチャンスを逃す残念な男。そんな残念な男の残念な価値観は「相手の課題」。男の価値観を変えたり自分を変えて気に入られようとするのは「相手の課題」をコントロールしようとすること。やめましょう。

実際に受け身の独身男性は、女性との交際経験が少ないため女性に対して夢を見がち。これはマンガや小説が原因です。

マンガや小説では、絶世の美女が積極的にアタックしてきます。例えば、サラリーマンのバイブル的なマンガ「課長 島耕作」では、毎回商談のキーマンが美人キャリアウーマンや美人な愛人で、島耕作に惚れてアタックしてきます。

そんな夢の様なことが、現実に自分の身に起きると思っている人が、本当に多いのです。

あなたが取り組むべき「あなたの課題」は、そんなダメな男性を見抜けずにアタックしてしまったこと。次はもう少し違うタイプの男性を狙ってみるとか、質問の方法を工夫して結婚観を聞き出すとか、あなたのできることを考えましょう。

30代の独身男性相手では勝率は低いと割り切って、適度なところで見限ってしまいましょう。そもそも30代男性の3人に1人は、誰とも結婚しないまま人生を終えるのです。

男性を夢中にさせる心理的な駆け引き

これはアタックした後に大切です。

女性が結婚して幸せになるためには、女より男の方が相手に夢中なことが大切。そのためには、あなたが男性を誘導して、男性があなたに夢中になる様に導いてあげましょう。

付き合うきっかけはあなたのアタックでも、あなたが心理的に正しい誘導をすれば、男性はあなたに夢中になります。

簡単に言えば、男性に一度こちらを向かせたあとに、あなたの方が男性から距離を置くのです。あなたは簡単に手に入らない女だと、男性に思わせることが大切です。具体的な距離の置き方や期間、タイミングは男性の性格により変わるので、相手の様子を見ながら調整して下さい。

男性が我慢できずに「会いたい!」と言ってくれば、あなたの方が優位に立っているということ。結婚までこういう関係を保つことが、女性の幸せにつながります。結婚後は違うのですが、それはまた別の機会に説明します。

詳しくはこちらを参考に
男があなたに夢中になり、結婚して幸せにしたくなる方法とは

「残り少ない積極派の独身男性」と出会う機会を増やす

あなたの方からアタックするのが難しければ、積極派の独身男性を探す方法もあります。

30代になったからといって、積極派の独身男性が全くいないわけではありません。残りは少ないですが、探せばいます。

積極派の独身男性を見つけるためには、とにかく今より出会いの機会を増やすことが大切です。ただ機会を増やすといっても、2倍や3倍ではありません。10倍100倍に増やすイメージです。

そんなに出会いが増えるわけない! と思うかもしれません。

でも今は婚活ツールが豊富にあります。例えば大手婚活サイトの「match.com(マッチ・ドットコム)」は、世界最大の婚活サイトとしてギネスに認定されています。日本でも婚活サイトの定番になり、毎日1,000人が新しく登録しています。

婚活アプリで人気の「Pairs(ペアーズ)」では累計400万人が利用し、毎日2,000人が新しく登録しています。

詳しくはこちらも参考に
結婚し隊がおすすめする大手優良婚活サイト(登録無料)

「攻めの30代」は恋愛結婚以外もアリ

結婚するためには先ず恋愛しなきゃ、と思いがちですが、実は恋愛結婚以外もアリだと考えると、一気に結婚が近づきます。

多くの人は恋愛結婚が理想と言います。では失敗しない恋愛結婚を目指すなら、結婚までの交際期間が何年必要なのでしょう。恋愛して結婚へという流れで、平均交際年数は女性で4年程度というデータも。

こちらも参考に
みんなどれくらい付き合って結婚してるの?
女性交際期間
4年以上付き合って、結婚の約束のないカップルは、相手の真意を問う勇気が必要かも。そもそも相手の男性は、あなたに結婚するほどの魅力を感じていないのかもしれません。

こちらも参考に⇒「結婚願望がない男性」と付き合っているあなたへ

恋愛結婚=幸せな結婚生活とは限りません。短期的な恋愛は感情に支配されるため、結婚した後でうまくいかなくなるケースも多いものです。

私の身の回りにも、大恋愛の末結婚したけど、意外と早く別れた人は多くいます。また第一印象で恋に落ちてすぐに結婚したけど、性格が合わなかった人も。

恋愛結婚までの4年間を、あと何回できますか?

恋愛結婚には平均4年かかるという調査結果。だめになったら、また4年? 30代のあなたは、これを何回まで繰り返す余裕がありますか?

30代で恋を始めて4年後にはアラフォーになっているあなた。出会いから結婚までを最短にするなら、付き合いの期間は短くしなくてはいけません。かといって、一人の人とじっくり向き合うプロセスは捨てられません。

結婚する気のある男性(これ大切!)と出会い、確実に恋愛できる保証はありません。恋愛結婚以外の出会いも含めて、色々考えてみる時期ではないですか。

さあ、「攻め」に変身だ!

いまなら間に合います!

男性の初婚年齢の平均は30.9才(厚生労働省2013年人口動態調査)。相手には同じ年ごろの女性を選ぶ傾向があります。

30代女性にとって、年齢が近い30代の男性とお付き合いをして結婚というパターンが最も現実的です。

また40代の男性をターゲットに、年下の魅力を発揮するのもOK。歳の差が大きくなりすぎない30代を好む40代の男性も多いのです。

結婚を意識した付き合いを始めるなら30代前半がチャンス! 恋愛して何となく結婚する20代とは違った目線を持つことができます。

攻めの30代に必要な出会いとは

簡単に手に入らない女イメージ

結婚したい男性を探せ

どんなにお付き合いを続けても、相手に結婚願望やあなたとの未来を考える意識がなければ結婚はありません。

大切なことなので繰り返しますが、厚生労働省の推定では、今の30代男性の3人に1人が生涯独身なのです!

こんな男性と恋をしても、あなたの人生は戻ってきません。結婚する気のない男性は避けましょう。

とにかく結婚したい男性と出会いましょう!

結婚したい男性と出会うことで、初めてその先に結婚の可能性が生れます。

婚活ツールもアリ

結婚したい男性と出会うためには、積極的に婚活ツールを使うと便利。案外普通の人が大勢参加しているのに驚くかもしれません。

婚活ツールには、婚活パーティー、婚活サイト、結婚相談所などがあります。

とりあえず何から始めればよいのか分からないなら婚活パーティーへ試しに参加するのがおすすめ。婚活の雰囲気がよくわかります。
詳しくはこちら参考に⇒婚活パーティーの選び方

忙しくてなかなか時間がないという人は、手軽に誰にも知られずに始められる方法として婚活サイトが便利。大手の優良婚活サイトなら、セキュリティもしっかりして安心です。
詳しくはこちら⇒結婚し隊おすすめの大手の優良婚活サイト(登録無料)とリアル口コミ体験

またもっと結婚に真剣な出会いを探すなら、結婚相談所という選択肢もあります。登録時に身元や年収などのチェックをしているのが大手の結婚相談所の強みです。男性陣は本気度も高く経済的にも安定した人が多数登録しています。
こちらも参考に⇒結婚相談所の一括資料請求(無料) いまなら限定キャンペーンあり

気になった婚活ツールはいろいろ試してみましょう。婚活ツールを平行して利用することで、自分にあった方法を早く見つけられます。

「ひとりだと何だか寂しい」
「婚活しようかな」
「結婚したいな」
あなたのその気持ち大切にして下さい。

このページの先頭へ