「婚活」vs「恋愛」、結婚後は?

Couple using a tablet
「婚活がキッカケの夫婦」と「恋愛結婚の夫婦」。結婚後はどちらが良いのでしょう?

結論から言うと、何も違いません。違うはずがありません。婚活から結婚した夫婦も、恋愛結婚したカップルもまったく同じ幸せな(一部には不幸な)生活をすごしています。

相性の合う二人が出会えば、結婚は自然の流れ。安らぎを感じられる相手なら、きっかけが婚活でも恋愛でも同じです。

結婚相手に必要なのは何ですか?

恋愛=結婚ではありません

恋愛から結婚へ。幾度の恋愛から「この人だ!」と確信して、プロポーズ。そして結婚というロマンチックな展開。良い話ですね。

(明治安田生活福祉研究所調査によると)20代男性では、5人に2人、女性では5人に1人が異性と交際したことがないという結果。恋愛に奥手なあなたは、恋愛をせずに結婚してもいいのかなと迷ってしまうるかもしれません。

しかし、恋愛が豊富だったから結婚しているわけではありません。どの恋も結婚まで行かないというパターンも多いのです。

どんなに好きだと感じていても、その人との縁がなければ、結婚まではいかないんですね。結婚はあくまで相性です。(こちらも読んで下さい⇒すべての人が結婚できる理由とは。相性の良い相手を探そう!

それでも30代になると、結婚を意識せざるを得ない周囲の目。自分の中にも安定志向が芽生えていませんか。恋愛は苦手だけど、結婚はしたいという希望であれば、婚活という選択肢もあります。

自分らしくいられる相手が大切

結婚したい理由の大きなものに、好きな人と居たいというのがあります。でも、好きだけで結婚生活は続けられるのでしょうか。

憧れの人と過ごす夢の様な日々は、「夢」であって、現実ではありません。毎日繰り返される夢は、いずれ現実になります。大好きな人の嫌いな面も徐々に気付いてしまいます。

大好きな人が、実は〇〇だった、、、夢が現実に、、、気持ちが冷める、、、その先が大切なのです。

家族の前では自然体でいられる、だから安らげるし、癒されますよね。そんな自然体でいられる相手を探すなら、好きやときめきだけでない何かが必要。それが相性です。

自分に合った人を、勇気を出して自分から探しに出かけてみませんか? (こちらもおすすめ⇒あなたの結婚すべき相手は、、、

仲良し夫婦は相性と価値観

結婚後の生活を想像してみてください。毎朝同じ顔を見て起きること、休みの日は一緒に三度の食事をすること、その人の子どもを一生かけて育てていくかもしれないこと…。

どれも結婚したら誰もが通る道で、終わりのない繰り返しの日々になるものです。楽しいことも苦しいこともともに歩んでいくのが夫婦。せっかく結婚するなら、仲良し夫婦になりたいですよね。

仲良し夫婦というと、いつもラブラブな恋人同士というより、落ち着きがあって陽だまりのようなイメージかもしれません。では、どうしたらそうなれるのでしょうか?

逆に、全然仲良しじゃない夫婦から学んでいきましょう。(明治安田生活福祉研究所調査によると)離婚の原因のナンバー1は、価値観や性格の不一致(62.9%)です。確かに、性格の不一致は、相性の不一致。一緒に生活していくうえで厳しいものがあります。

価値観が合うことはとても重要ということですね!仲良しでいる、仲良しになる為には、相手の相性と価値観を見極めることが重要。

そのためには実際に会って、何度かじっくり話を聞くことが大切。また、自分の価値観をわかってもらうために積極的に話をすることもとても大切なポイントです。

相性以外のパートナーの条件

まずは内面の相性が大切ですが、それだけではダメなのが結婚。たとえば、女性が男性に求めるパートナーの条件として経済力は外せません。そして最近は、男性の職場が育児に参加しやすい雰囲気かも重要視されています。

一方、男性からの要望のトレンドとして、共働きをしてくれる人が上位に入ってきています。一方、相変わらず家事が得意な女性希望という結果もあります。

男性も女性も様々な条件が時代とともに変わってくる様子。結婚生活を円満に過ごすためには、自分が重視する条件をしっかり自覚することです。

よく分からない人は、結婚相談カウンセリングなどで希望を相談して絞り込むこともオススメ。自分も気づかない大切なポイントが明確になることも多いとか。

積極的な情報収集と行動がカギ

婚活のメリットも知っておく

婚活の最大のメリットは、条件で相手を選べること。自然な出会いでは難しいような職業の人とも出会えることです。

安定した生活のためには経済力や社会的信用は大きなポイントに。年収という線引きによって、ある程度の社会的成功をおさめた人とだけ出会うことも選べるでしょう。

また相手あってのことなので、お互いが結婚を強く意識していないと思いきれないのも事実。婚活をしている人同士ならスムーズに話が運ぶんです。

結婚は実生活が伴う大きな決断。好きな気持ちだけでは決められないので、恋愛していても結婚にたどり着かないことがままあるんですね。

婚活はどうやってすればいいの?

婚活パーティーや婚活サイトで出会いを増やして、大勢の中から自分にあった人を探し出すのに向いている人もいるでしょう。社交的な性格なら、街コンなど、初めて同志でも盛り上がれる集まりも楽しめます。

もっと的を絞っていきたいタイプは結婚相談所もおススメ。年収や職業など、お互いの情報を結婚相談員を通して段階的に公開し、ステップアップしていくのは安心ですね。

気軽な付き合いがしたいのではなく、登録している人がみんな本気で結婚したい人なのは堅実な方法。気に入った人からの連絡が続くとうれしいもので、ときめきの要素もちゃんとあります。

相手の方へのアプローチ方法などもアドバイスがもらえるので、恋愛経験に不安がある人でも真剣に向き合えるよう誘導してくれます。お互いに目的意識を持っているので話が進みやすいのも特徴。

結婚は気持ちだけでなく、相性と価値観が重要。結婚後二人で過ごす日々をポジティブに想像してみてください。居心地の良い相手を探していけば、きっとあなたを気に入る人が現れるはずですよ。

このページの先頭へ