「結婚願望がない男性」とつきあっているあなたへ

結婚できないまま40代を迎えてしまった女性…というと、
「かわいそうに、モテなかったんだな」
と思われがちですよね。

でも実際はそうでもないことが多いのです。
花束と女性モデル

女性が結婚できない理由で多いもの

むしろ
「モテるからこそ、いくらでも選べる」
という意識が邪魔して、婚期が遅れてしまった…というパターンが多いのです。

さらに多いのが、
「一番いい時期に長い間つきあっていた男性に結婚願望がなかった」
というケースです。

みなさん、5年〜10年という長い間、いつかは結婚の話が出るだろうと思いつつ、彼を信じてつきあってきた人ばかりです。
でもいざ我慢の限界が来て彼に真剣に結婚の話をしてみたところ、相手にまったく結婚願望がないことを知るのです。

それで別れられたらまだいいのですが、すでに情が移ってしまっていて、結婚できないとわかってもそのままずるずるとつきあっている人も多いのです。

基本、男性には結婚願望がない

結婚願望がない男性のイメージ
男性は基本、結婚願望がないと思った方が良いでしょう。

でも
「子供が欲しい」
とか
「社会的に結婚していないと一人前だと思われない」
と考えて、男性は結婚を決めるケースが多いのです。

一方女性はというと、こどもが産める年齢も限られているし、周りの友達たちが次々と結婚していくと焦り始めます。

つまり、男性と女性の間には確実に結婚に対する温度差があるんです。

独身男女のアンケート調査でも、明らかに結婚に対する男女の意識差が現れています。
結婚願望の調査データ表

明治安田生活研究所調査より

(詳しくはこちらも参考に⇒晩婚化はウソ、正体は〇〇化の恐怖!

交際相手に結婚願望がない場合

気を使う女性イメージ
もし、いまあなたが「結婚願望がない」という男性とおつきあいしているなら、今すぐ別れることをオススメします。

その理由は、「結婚願望がない」と言っている時点で、彼はあなたのことを真剣に思ってはいないからです。彼は、あなたにとって生涯を共にする相手ではないのです。

いま彼は「結婚願望がない」と言っていますが、それは一生そうとは限りません。男性はどんなに結婚願望がなくても「この女性を失いたくない」と思ったらその相手にプロポーズします。

なので、あなたが今の彼と別れても、彼はいつかほかの女性と当たり前のように結婚するかもしれません。

ただひとつだけ言えるのは、
彼にとってあなたは「この女性を失いたくない」という存在ではないということです。

ここをはやく見極めないと、せっかくの人生を棒に振ることにもなりかねません。

相手に結婚願望がないのは、お互いに縁がないだけ

ご縁イメージ
こんなことを書くと
「私は、彼から大切に思われていない魅力のない女性なのだ」
と落ち込む方もいるかもしれません。

でも、実はそれも違うのです。

結婚というのは、縁とか相性に支配されているものであり、単にあなたに彼との縁がなかった…ただそれだけのことです。

あなたのことを本当に大事に思ってくれて、あなたのことを「失いたくない」と強く思ってくれる男性は、別に存在するのです。だから、自分を卑下したり落ち込む必要はありません。

むしろ自分と縁のない男性と、いつまでもずるずるとつきあっていくことの方が悲劇です。一番大事な時期を、自分をしあわせにしてくれる相手ではない人のために費やしていることになるからです。

なので、いまおつきあいしている男性に「結婚願望がない」とわかった時点で、きっぱりと別れる勇気が大事なのです。

自分をしあわせにできるのは自分だけ

自分の人生を守ることができるのは、自分しかいません。無駄な時間を費やしたとしても、あとで彼のせいにすることはできません。それを、選んだのは自分なのですから・・・。

なので、本当に自分が結婚したいと思っていてしあわせを望むなら、自分をしあわせにしない相手とはきっぱりと別れるべきです。それは、打算とかではなく、賢さです。

過ぎた時間は取り戻すことはできないし、ましてや婚活男子が女性に求めているのは「若さ」であるという現実があります。

そう考えると、もし自分を大切に思うなら、自分をしあわせにしない男性とはきっぱり別れましょう。

【細川茂樹さんの場合】

たとえば、こんな例があります。

長い独身生活の末、40歳で結婚した俳優の細川茂樹さん。彼は結婚願望がないまま、いまの奥様、三瀬真美子さんとつきあっていました。

ところが、自分が40歳を過ぎても結婚に至らないことに業を煮やした三瀬真美子さんは、ある決断をします。

それは、40歳を過ぎたあるお正月に、細川茂樹さんに対して
「もし今年、私がほかに好きな人ができたら、その人と結婚してもいい?」
と聞いたのです。

いままで、結婚願望のなかった細川さんですが、彼女にこう言われた瞬間
「彼女を失いたくない」
と痛切に思ったそうです。

そして、それから間もなくプロポーズをしました。

「この女性を失いたくない」と思ったら、男性はプロポーズする

結婚する男女のイメージ
男性は、どんなに結婚願望がないと言っていても、「この女性を失いたくない」と思えば、その女性との結婚を考えるようになります。

その証拠に、結婚願望がないと言っていた男性と長年つきあい別れた女性から、よくこういう話を聞きます。

「あんなに結婚願望がないと言っていたのに、私と別れた後しばらくして、別の若い子とあっさり結婚して、幸せに暮らしていることを知った」

これはかなりショックですよね。

でもこういうケースは本当に多くて、やはり男性はどんなに結婚願望がないと言っていても、失いたくないと思う女性に出会うとあっさり結婚してしまうものなのです。
(こちらも参考に⇒「都合のいい女」より「大切にされる女」になりませんか

なので交際相手と長くつきあっているのに、いつまでたっても結婚に至らない場合、女性の側が賢く決断することが大事です。

あなたを幸せにするのは、ほかの誰かではなくあなた自身なのですから・・・。


あなたもそろそろ幸せになりませんか?

いまの男に遠慮はいりません。
逆に、幸せになったあなたの姿を見せつけてやりましょう!!

結婚に向かって積極的に行動を始めるなら、まずあなたに必要なのは「素敵なお相手との出会い」

出会いの数が一番豊富なのは、大手婚活サイト。

大手婚活サイトでは、1日に1,000人〜4,000人が新しく登録しています。

婚活サイトイメージ

こちらの大手優良婚活サイトは、全て登録無料。
試しに登録して、あなたにアプローチしてくるお相手を確かめてみてはいかがですか。

結婚し隊がおすすめする大手優良婚活サイト

結婚式イメージ

もしあなたが「1年以内に結婚」という言葉に魅力を感じるなら、大手結婚相談所がよいかもしれません。

結婚相談所の場合は、まず資料を請求して、良さそうな会社の無料カウンセリングを申し込むのが一般的。

結婚相談所を検討するなら、一括資料請求が便利。
今なら限定キャンペーンもあります。

あなたが本気で行動すれば、きっと理想のお相手との出会いが待っています。

この記事を読んで頂いたのも何かのご縁、あなたの幸せを心よりお祈りしております!

このページの先頭へ