「結婚願望ない30代女子」はどうしたらいい?

美しいメイクの女性
女性だからと言って、みんな結婚願望があるわけではありません。

特に20代は、まだまだ遊びたいお年頃。

結婚したら家事をやらないといけないし、家庭や夫に束縛される。

親と同居していたら、家事はお母さんがやってくれて、自分の時間があって、自分のお金がまるまる使えるし…。

結婚のメリットって何?
と思ってしまう人も多いはず。

30代での結婚も当たり前の時代

20年前だと「女性は25歳を過ぎて独身だと嫁き遅れ」と言われ、男性は30歳までに結婚できないと遅い結婚だとみなされていました。

でもいまは時代が変わり、女性の30代での結婚も当たり前の時代に。

ただ20代の頃は
「30歳くらいで結婚できればいいかな」
と思っていたのが、結局何も起こらないまま30代に突入してしまうと、多くの人は焦り始めます。

結婚願望のない女性たち

でも中には、30代になっても何も思わない人もいます。

いわゆる結婚願望のない女性です。

結婚願望のない女性イメージ

この結婚願望がない女性には、2つのタイプがあります。

一つは、
「結婚したくないけど、親の気持ちも考えると結婚しないといけないかなとは思っている」
結婚に対して義務感は感じている女性たち。

もう一つは、
「結婚する気はまったくなく、それに対して何の迷いもない」
という結婚自体にまったく関心のない女性たち。

なぜ、結婚願望がないのか?

「結婚願望がない女性」はなぜ結婚願望がないのでしょうか?

今まで出会った結婚願望のない女性たちにその理由を聞いてみると、大体次のようなものでした。

  • 両親の仲が悪かったので、結婚に対して悪いイメージしかない
  • 結婚すると、家事は女性側が中心になってやらないといけないから嫌
  • ひとりの時間が好きなので、ほかの人と生活するなんて考えられない

でも、これはたいてい30代のお話です。

40代で迷い始める女性たち

迷う女性イメージ
これが40代になると、「結婚願望がない」と言っていた女性たちの多くは迷い始めます。

なぜなら、ある意味「楽しい時間が終わった」という感覚を受け始めるから。

まず、40代になると女性はプレ更年期を迎え、体力的に衰えを感じ始めます。

男女ともに40歳を過ぎた頃から見られる、様々な体調の不良や情緒不安定などの症状をまとめて更年期障害と呼びます。

女性の場合は、閉経期前後の約10年間に卵巣ホルモンであるエストロゲンの分泌が急激に減少することによって症状が現れます。

症状としては自律神経失調症と同様の症状が現れます。

女性の閉経前における身体的症状としては、

  • のぼせや顔の火照り
  • 脈が速くなる
  • 動悸や息切れ
  • 異常な発汗
  • 血圧が上下する
  • 耳鳴り
  • 頭痛やめまい

などです。

精神的な症状としては、

  • 興奮亢進
  • イライラや不安感
  • うつ
  • 不眠

などです。

閉経後はこれらに加えて、

  • 膀胱炎や尿失禁
  • 腰や膝の関節痛
  • 目やのどなどの粘膜の異常

などの身体的症状、

  • 無気力感

などが精神的症状として現れてきます。
厚生労働省 e-ヘルスネットより

そしていままで一緒に遊んでいた友達たちの多くが結婚し、子どもたちの世話に忙しくなるため、遊び相手が少なくなります。

子供と母親

さらに親も衰えはじめ、早い人だと40代で親の介護を始める人も出てきます。
老人のイメージ

そうなると、自分の老後を意識し始めるのです。

「これから先、自分はどう生きていけばいいのか」と迷い始めます。

そして、なんとなくパートナーが欲しくなってきます。
悩んでいる女性の比率

厚生労働省 平成25年国民生活基盤調査より

40代で婚活を始める女性が増えている

実はいま、40代で婚活を始める女性が増えています。

40代女性の未婚率が上がっていることも理由でしょう。
40才女性の未婚率

総務省/国勢調査及び厚生労働省/人口動態調査より

少し前までなら、40代になると、結婚はできないだろうとあきらめる人がほとんどでした。

ところが、いまは結婚の平均年齢も上がり、40代での結婚も普通だと考えている人が多いのです。

ところがいざ婚活を始めると、考えている以上に厳しい現実に気づかれます。

40代女性は、普通に婚活をしてもなかなか交際に発展しないのです。

原因は男性の意識のせい。

40代の女性が相手に希望するのは、同年代の40代男性。

しかし40代の独身男性は

  • 子供を欲しい: 82.6%
  • 2人以上の子供を希望: 68.5%

と考えています。
40代独身男性が希望する子供の数(円グラフ)

国立社会保障・人口問題研究所/2010年による

子供の欲しい40代独身男性は、子供の出産にリスクがある40代女性を相手にしません。

40代独身男性が結婚相手に40代独身女性を希望する割合は、わずか7.9%。

40代の男性は、35才以下の女性、できれば20代を結婚相手に希望します。

むつかしい40代女性の結婚

日本人全員を対象にした国勢調査(2010年、2015年)から計算した、「未婚女性が5年以内に結婚する確率」です。

40代になると未婚女性が5年以内に結婚する確率は、10%以下になります。

【未婚女性が5年以内に結婚する確率】

5年以内に結婚する確率(2015年国勢調査)

総務省/国勢調査2010年、2015年より算出

詳しくもこちらを参考に
手遅れ婚活? 30代女子が知るべき現実とは?

こうして、婚活パーティーなどで苦戦し、意を決して結婚相談所に入会する40代女性が多いのです。

彼女たち、40代で結婚相談所に入る女性の多くは、それまでまったく結婚願望がないと言っていた女性たち。

40代に入っていろいろな現実を知り、パートナーの重要性を感じ始めるのです。

中には、自分と相性のいい男性と出会い結婚していく方もいます。

ただ、ここでまたいろいろな問題が出てくるのです。

40代で子どもを望む女性たち

子供のイメージ
それは、やはり子どもの問題です。

この年齢になって結婚し、相手や相手の家族の希望で、あるいは自分自身の希望で子どもを欲しいと考える人が多くなっています。

でもこの年齢になると、妊娠できる確率はかなり下がります。
妊娠確率と不妊率
(詳しくはこちらを参考⇒子供の出産は何歳まで?出産適齢期を考えた婚活とは

そしてうまく子どもが授かったとしても、子育てにはかなりの体力が必要!

結果として、もっと早く自分の人生をトータルで考えておくべきだったと後悔する人が多いのです。

もちろん、子どものことを、自分も周囲ものぞんでいないケースもあります。

ただこの年齢になって、突然「子どもがほしい」と思う女性が意外と多いのが事実。

あとで後悔しないように若いうちから、いろいろなシミュレーションをしておくことをお勧めします。

シビアさを増す50代以上での婚活

女性が年をとるイメージ
40代での婚活の問題は「出産」でした。これがさらに年齢を重ねると、違う問題になります。

50代以上になると、今度は相手に子どもがいる場合が多く、その子どもたちとの関係性が難しくなってくるんです。

子どもたちとのつきあいもですが、今は相続の問題などもシビアになっており、いろいろな問題が生じやすくなります。

実は最近、50代からの結婚相談所に入る方も増えているのですが、このくらいの年齢になると、結婚するにしてもいろいろ考慮すべきことが増えてくるのです。

老いと老後について、たまにはシミュレーションすることが大切

ちょっとシビアなお話をしてしまいましたが、人間誰でも、いつかは40代になり、50代になり老いていきます。

今30代の女性は、平均寿命が90才を超えると予想されています。

人生はあと60年近く残っている。
その現実からは逃げられません。

結婚願望のない女性は、40代になってその現実にぼうぜんとすることがないように、若いうちから人生をシミュレーションしておくことをおすすめします。


幸せなカップルのイメージ
もし結婚に興味がでててきたら、何から始めれば良いのでしょうか?

合コンや友人の紹介は、必ずお願いしましょう。一番身近で成功率も高い方法です。

「紹介してくれる友人なんて居ない…」
「仕事が忙しいので合コンなんてヒマない…」
そう思うかもしれません。

しかし今の時代は婚活サイトを使えば、毎日のスキマ時間にスマホで出会うこともできます。

婚活サイトを使えば、出会いの数は、日常生活より1,000倍以上増えます。
大手婚活サイトでは毎日1,000人〜4,000人が新たに登録しています。

婚活サイトでは出会いの質も高くなります。
真剣に結婚を考えている、フリーのお相手ばかり。

良い人だと思ったら彼女がいた! なんて事はありません。

婚活サイトは登録だけだと無料。

試しに登録して、あなたにアプローチしてくるお相手を確かめてみては。
結婚し隊がおすすめする大手優良婚活サイト(全て登録無料)

さらに結婚に真剣な出会いを求めるなら、大手結婚相談所が良いでしょう。

ただし大手結婚相談所はサービスがしっかりしている分、費用がある程度高額です。
先ずは資料を請求し、良さそうな会社に無料カウンセリングを申し込むのが一般的。

大手結婚相談所の資料はこちらから一括請求できます。今なら限定キャンペーンもあり。
結婚相談所の一括資料請求(無料)はこちらから

このページの先頭へ