私このままでイイのかな? 30代フリー女子が「ふっ」と何かを感じたら

迷いを感じる30代フリー女子
毎日充実しているはずなのに、何かのタイミングで「ふっ」と何かを感じてしまったあなた。そろそろタイミングかもしれません。

30代女子の「未婚あるある」?

私の周りにいる未婚の30代の女性から、こんな言葉をよく聞きます。

「今は、仕事が楽しいから、恋愛・結婚はまだ後回しでいいかな。」
「会社と家の往復ばかりで、出会いがなくて。」
「私、人見知りだから…。」
「声を掛けてくる男性はいるんだけど、ちょっとね〜。」
「一人が楽なの。」

あなたも、同じような事をつぶやいていませんか?

もしかして、そろそろ卒業かも?

そんなつぶやきをしているなら、あなたの心の奥の声に耳を傾けてみませんか。

そのつぶやきも、ある意味本音かもしれません。でも、ちょっと心のどこがに迷いはありませんか? 10年後もそう思っていますか?

もし少しでも迷いや違和感を感じはじめたあなた、もう一度じっくり考えてみませんか。いまがあなたの変わるタイミングなのかもしれません。卒業の時かもしません。

心で感じた「何か」の感覚を信じて、あなたの心の声をもう一度確かめてみませんか。

仕事が楽しいあなた

「今は」それで良いかもしれません。でも「10年後も」それで良いのでしょうか。

仕事を楽しむと言うのは本当に素敵な事ですし、そんな仕事と巡りあえたのは一生の宝物。また、仕事でそれだけ活躍しているのはあなたの自身の努力の賜物です。

仕事を楽しめるあなたはきっと、何事にも一生懸命な性格な頑張り屋さん。中途半端な姿勢で恋愛に望みたくないのかもしれません。

でも、そんなあなたに恋をする素敵な男性は大勢いるのでは? 今、仕事ができる女子に魅力を感じる男性が増えています。せっかくのモテ期を無駄にするのはもったいないかも。恋愛を後回しにしてしまうのではなく、仕事も恋愛も上手に両立しながら、楽しんでしまいませんか。

例えば、恋活サイトや婚活サイトなどを利用することで、ちょっとした隙間時間を有効に使って素敵な男性と出会うことも可能です。恋も仕事も両立できれば、充実した毎日になる事、間違いなし。

女性はどうしても年齢を重ねると、出会いが減ってしまうもの。30代後半になると、5年以内に結婚する確率も5%以下になってしまうという事実もあります。(総務省統計局/国勢調査2005年、2010年より)出来れば早めに決断することをおススメします。
(詳しくはこちらも参考に⇒決定番! あなたが5年以内に結婚できる確率とは

出会いがないあなた

「恋愛って、ちょっと面倒かも」と心のどこかで思っていませんか。

その考え、もしかしたら自分で恋愛を遠ざけてしまっているのかもしれません。会社と家の往復でも、「まぁ、良いか」と諦めてしまっていませんか。

大好きなモノに対しては、遠回りや寄り道もとても楽しくありませんか? 例えば、あそこの雑貨屋さんに行ってみよう、あのカフェに行ってみようと考えただけで、行くまでの道のりもワクワクしませんか。

目的地に着いてもそのワクワクはずっと続きますよね。恋愛や結婚も同じかもしれません。素敵な男性に出会うまでのドキドキの道のりも、出会ってからのワクワクも、途切れる事はありません。

まずは、恋愛すること、恋愛する自分を想像して、ワクワクする事から始めてみませんか。成功している自分の姿をイメージすることは心理学的にもとても有効な方法だとされています。

一流のスポーツ選手などがとりいれているイメージトレーニングも同じ原理です。大会で優勝し、表彰されている自分の姿を繰り返しイメージすることで、それを実現してしまうのです。

素敵な男性とニコニコ楽しそうにデートするあなたの姿を想像してみませんか。その時に、実際にニヤニヤしてみて下さい。なんとなく、気持ちが明るく楽しくなるはずです。

楽しいイメージさえできれば、後は簡単なはず。家と会社の往復の間に、何か習い事や、朝活、サロンなど出会いの場を取り入れることも苦ではなくなります。さあ、新しい出会いを探しに出かけませんか。

人見知りのあなた

「人見知り」はあなたの大切な個性のひとつ。そんなあなたに魅力を感じる男性も必ず居ます。人見知りだから出会いを避けるのは、もったいないです。

人見知りのあなたも、今まで仕事や会社を通して、たくさんの経験を積み、たくさんの人と嫌でも関わってきた事と思います。きっといままでの経験から、あなた流の「人との接し方」や「あしらい方」も身に付けられたのでは。人見知りだからこそ、相手を傷つけないような立ち振舞いや、調度良い距離感ができるとも言えます。あなた流の「人と接する術」が人によって魅力になるのです。

それはそのまま恋愛に生かすことができます。会社のために身に付けた技術、社会の中で身に付いた技術を、自分のために今こそ、生かしてみない手はありません。相手を知るため、自分を知ってもらうために、人と出会ってみませんか。

あなたの人見知り。実は大きな魅力に感じる人もいるんですよ。

条件に合う人との出会いがないあなた

いまいちタイプではない人、自分が思っている条件ではない人からのお誘いが多いと言うのは、本当に困りものです。

断ってばかりいると、「お高くとまっている」と、勘違いされてしまうことも。ただ、こんな人と恋愛したい!と、しっかりした理想があるだけなのに。

ルックスや身長だと、出会ってすぐに分かりますが、価値観や結婚観、経済力などはなかなか分かりません。だからと言って、出会ってすぐに「私はこういう価値観や年収の人と付き合いたいんだけど、あなたはどう?」と聞く訳には、もちろんいきません。自分の思っている条件に合った人なのかどうかを見極めるまでにも、ある程度の時間がかかってしまいます。

理想の相手のイメージがしっかりしているあなた。それなら、一度試しに婚活サイトに登録してみるのもおすすめです。婚活サイトなら、相手の身長、年齢、年収やルックスで相手を絞り込むことが可能です。自分の条件に合った人に、最初から出会ってしまえば良いんです。女性は無料のサイトもあります。

もっと真剣な出会いを求めるなら、結婚相談所なども良いかもしれません。結婚相談所では、年収や職業も証明書で確認されているので、余計な不安もありません。

とにかく条件に合った相手と出会ってみて下さい。出会いを重ねていく中で、条件が変わっていくのならば、それはもちろんアリですし、あなたの考え方の幅の広がりにも繋がります。理想をあきらめず、どんどん出会いの数を増やすことをおススメします。

一人が楽なあなた

その気持ち、ちょっと分かります(笑)。毎日をマイペースで送るのは、とても楽しいですよね。

でもそれと同時に、ちょっとだけ寂しさや、心細さが遠くの方で見え隠れしているのを、感じてはいないでしょうか。(かつては私もそうでしたから、、、)

「いやいや、大丈夫。友達も家族もいるから。」と、思うかもしれませんが、どんな時でも1番の味方になってくれる人が一緒にいたら、それはとても心強い事です。

もしかしたら、心のどこかで将来への不安な気持ちに蓋をしているのかもしれません。、今の楽チンを選びつづけるのは、とても楽で自然なこと。でも、もしそんな気持ちに少しでも違和感があるなら、そろそろ変わってもいい時なのかもしれません。

将来の味方を得る自分を想像してみてはどうでしょうか。一人より二人になったから、楽になったと思える事もあります。あなたの人生、あなたの気持ちに素直に行動するのが一番です。

あなただけの王子様に、出会って下さい!

世の中には、結婚したいと思っている男性が星の数ほどいます。本当にゴロゴロいるんです。

25〜34才の男性791万人のうち、未婚者は57%、つまり449万人が独身です。(総務省統計局国勢調査2010年)さらにこの25〜29才独身男性の55.9%が交際相手なし、30〜34才独身男性では63.4%が交際相手なし。フリーなのです。(国立社会保障・人口問題研究所2010年出生動向調査による)

また、内閣府発表の統計では、未婚男性の86.3%もが結婚をしたいと思っています。あなたを待ち構えている王子様は、こんなにもゴロゴロ転がっているのです。

ですが今までのあなたは、そんな男性達をわざわざ避けて歩いていたのかもしれません。

シンデレラの物語をご存知ですか。シンデレラは魔法の力を借りましたが、お城で開かれる舞踏会に行きたい!と願い、行ったからこそ、結果的に王子様と出会う事が出来ました。

あなたも、あなた自身できっかけを作りさえすれば、あなたの王子様と出会えるチャンスはあちこちにあります。たくさんいる王子様の中から、あなたの王子様をぜひ探してください。


幸せな結婚は、新しい出会いから始まります。

「新しい出会い」が一番豊富なのは、婚活サイト。

登録無料なので、試しに登録し、あなたにアプローチしてくるお相手を確かめてみては。
結婚し隊がおすすめする大手優良婚活サイト

また、結婚にダイレクトにつながる出会いを探すなら、結婚相談所という選択肢もあります。

ただし、結婚相談所はサービスがしっかりしている分、費用が高額。先ずは資料を請求して、良さそうな会社に無料カウンセリングや体験入会を申し込みましょう。しっかり話を聞いてから入会して下さい。

大手結婚相談所の資料はこちらから一括で請求できます。今なら限定キャンペーンあり。
結婚相談所の一括資料請求(無料)はこちらから

あなたが本気で行動すれば、きっと理想の結婚相手との出会いが待っています。この記事を読んで頂いたのも何かのご縁、あなたの幸せを心よりお祈りしております。

このページの先頭へ