傾向と対策【婚活サイト】

婚活サイトイメージ
婚活をお手軽に始める方法に「婚活サイト」があります。

婚活サイトは、なんといってもお手軽な料金が特徴。会員登録と閲覧までなら、ほとんどのサイトが無料です。その後、本格的にサービスを利用するには有料会員になるのですが、入会金は無し、月々2,000〜3,000円程度の月会費が一般的。

この料金で、数万人、数十万人のなかからあなたにピッタリの人を見つけられると考えると、とてもお得です。

システムは、インタネットのサイトに先ず登録。後は、自動でマッチングされる人や自分で検索して良さそうな相手にコンタクトをとります。お互い良さそうだなと感じたら、連絡を取り合って会う。後は、普通の恋愛と同じです。

婚活サイトは、大きく分けて「facebook連携タイプ」と「それ以外」に分かれます。

facebook連携タイプ

facebook連携タイプでは、Pairs、Omiaiの2つが独占状態。Pairsの方が後発ですが、女性を無料にしている分、Omiaiの2倍の会員数となっています。他にはアイルなどその他サービスが追いつこうとしていますが、なかなか難しいようです。

facebook連携といっても、個人の認証にfacebookを利用しているだけで、facebookのタイムラインに表示されたり、婚活サイトで実名が表示される訳ではありません。

実際のfacebook友達を婚活サイト上ではブロックしてくれるので、facebok連携の方が、異性の友だちにバレる心配も減ります。

ただし、掲載する写真をfacebookのメイン写真とは別にしないと、「この人も友達かも」というfacebookの友達の友達には顔バレするケースがあるようです。

Pairsの例

出会うまでの流れ

Pairsを初めて、出会うまでの流れです。女性は「基本無料」が嬉しいですね。
Pairsの手順

Pairsを始める

順番に開始する流れを見て見ましょう。これが初期画面です。
pairsの初期画面

Pairsについて、簡単な説明が始まります。
pairs説明01
pairs説明02

ふむふむ、イニシャルは出ないのですね。
pairs説明03

これは大切。友達には非表示です。
pairs説明04
pairs説明05

ようやく登録画面です。
Pairsの登録01

プロフィールの登録が始まります。
初めに身長、体型、血液型、出身地です。
入力は任意。記入がいやなら飛ばしてもOKですが、記入したほうがマッチング率は良くなるようです。タップして選ぶので楽ですね。
pairsプロフィール登録01

入力するとこんな感じ。
pairsプロフィール登録01

次に、職業、学歴、同居人、お酒。
pairsプロフィール登録02

入力するとこんな感じ
pairsプロフィール02

早速検索してみましょう

では、早速検索してみましょう。
pairs検索画面
こんな感じで候補が沢山!
お相手候補

おすすめのお相手が毎日ピックアップ

毎日、おすすめのお相手がピックアップされます。
おすすめピックアップ
この様に、様々な工夫があるので、マッチングが多いのですね。

その以外の婚活サイト

それ以外のサイトでは、youbride(ユーブライド)、match.com(マッチドットコム)が大手です。その他、ブライダルネット、ゼクシィ縁結び、ラブサーチ、DMM恋活、Yahoo!パートナーズ、marisomeなど、多くのサービスがあります。

参加する手順

  1. インターネットで登録。ほとんどのサイトでは、無料で登録まで出来ます。とりあえず登録してみて、良さそうな人がいれば有料会員になるというのがおすすめ。月会費はクレジットカード決済が主流です。
  2. 有料会員に入金した後、証明関係書類を掲示します。facebook連携の場合は、facebookの連携とクレジットカードの支払いで代用されます。サービスにより異なりますが、デジカメで撮影して送付することが多いです。証明書は、運転免許証やパスポートなどの写真付き身分証が一般的。

    極一部ですが、セキュリティーに厳重なサービスでは、さらに住民票、勤務先証明の社員証、最終学歴の卒業証明書、年収証明のための源泉徴収票、独身証明書(役所で発行してもらえます)等があります。

  3. 自分のプロフィールを作成して公開します。項目は、ハンドルネーム(活動は匿名になります)、年齢、出身、おおまかな住所、血液型、最終学歴、職業、年収、趣味、婚歴、飲酒、喫煙、自己PRなどです。写真は任意が多いですが、なるべく公開しましょう。写真を公開していない=公開できない顔という印象になってしまいます、、、
  4. サイトで好みの条件から検索し、めぼしい相手にアタックする。また、毎日マッチングされるサイトでは、良さそうな人に「いいね」などの意思を送る。お互いが希望したらメッセージのやり取りをする。
  5. サイトでメールのやりとりを数回して、お互いに興味があれば携帯番号や個人アドレスを交換する。または、あくまで匿名のままで、初めに会うこともあります。
  6. 個人でやりとりした後は、完全に自己責任で自由恋愛となります。普通の恋愛と全く同じです。

傾向と対策はここに注意!

  • あくまで自己責任。個人のやりとりは完全に自己責任になります。プロフィールがウソでもサービス主催者に責任はありません。ほとんどのサービスでは、本人証明だけ。つまり年収、職業、婚歴、年齢も本当かどうか保証されている訳ではありません。また、詐欺やマンションの販売営業、保険販売営業など、悪質な業者が紛れ込んでいることもあります。ナンパ目的の男性も中には居ます。ここはきちんと用心する必要があります。
    (こちらも参考に⇒婚活中のあなたは注意! 婚活に紛れ込む「偽装婚活者」とは
  • 規模の大きなサービスを選ぶ。規模の小さなサービスでは登録人数が少なく、怪しい登録者も多いです。サイトの操作性も悪く、セキュリティも不安です。
  • 写真を公開する。これは必須です。写真を公開するのが不安でぬいぐるみや動物の写真を載せている人がたまに居ますが、これは間違い。リスクを考慮しても写真は公開するべき。写真がない場合は、基本的に断られると考えて下さい。写真を公開出来ないのであれば、このサービス以外の利用をおすすめします。写真は自然な笑顔の写真がおすすめ。真顔ではなく笑顔が好印象です。
  • 実際に会うと写真と別人かも。これは特に女性に多いですが、斜め上からの写真で上目つかいの修正写真などは、実際に会うと別人の可能性が高いです。また、男性の場合は、プロの写真家が取ったような写真は要注意です。ある程度覚悟して利用しましょう。
  • プロフィールは具体的に。単に映画や音楽が好きといった書き方ではなく、映画のジャンルや感動した作品、音楽もジャンルや好きなアーティストまで記入したほうが、共通の趣味の相手が見つかりやすく、関係が発展しやすくなります。
  • 文章力を磨く。始めのきっかけはメールの文章になります。相手のどこに興味をもったのか、具体的に気持ちを込めて書く必要があります。特に若くてルックスの良い女性には、大量のメールが殺到します。コピペの文章が溢れていますので、ありきたりの文章では相手にされない可能性もあります。分かり易く誠実な文章で、気持ちをつかむ必要があります。

このページの先頭へ