実は全然違う「婚活パーティーの選び方」

Banquet event. Waiter pouring champagne into glass.
婚活パーティーといっても大きく2種類に分かれます。それは「カップリング型」と「自由型」。

この2種類はシステムも雰囲気も全然違うのですが、違いを意識せずに参加してしまい、「婚活パーティーはあまり面白くなかった」と感じてしまう人が多いようです。

どちらが良いかはあなたの性格次第。良い点と注意すべき点を理解して、あなたに合ったタイプのパーティーを選んで下さい。

カップリング型とは

カップリング型婚活パーティーは、参加者全員ととにかく話せるという「平等なチャンス」を重視しています。通常の立食形式などだと、外見などで無意識のうちにフィルタにかけてしまったり、その人のコミュニケーションスキルによって左右されてしまいます。

見た目が目立たなくても、寡黙で内向的でも、実はいい人かもしれません。それを確かめられるのがカップリング型婚活パーティです。

こんな感じで進行する

主催するところによって差はありますが、だいたい次のような流れになります。

まず、自己紹介用のプロフィールシートに自分の趣味や仕事などアピールすることを記入。年収欄もありますが、特に書く必要はありません。女性の場合は書かないことが多いかも。

プロフィールシートは当日会場で書く場合と事前に書いてくる場合と色々。当然、事前に書いたほうが内容は充実しますが、これも主催者しだい。中には主催者のノウハウが外に漏れるのを防ぐために、当日書いてもらい回収するということもあるようです。

会場では椅子が「ロ」とか「コ」の字に並べられていて、男女が向かい合って座ります。

ここからが勝負。回転寿司のようにどんどん次の相手、次の相手と移っていきます。たいてい男性が動きます。プロフィールシートを交換し、相手のアピールポイントを認識しながら、数分間話して次の人に交代。この繰り返しです。

最終的には、交代しながら全ての人と数分間話すというシステムなので、人数が限られます。参加者は15人から多くても30人くらい。時間の関係もありますし、長時間会話続けるのも大変。また、あまりに1人と話す時間が少なければ、意味がありません。

全ての人と会話が終わったら、その中で「第一希望」から「第三希望」くらいまでの相手の名前または番号を書いて提出します。

「第一希望」同士が一致すればカップリング成立、それがなかった場合、「第一希望」と「第二希望」のようにより優先度の高いカップルから成立させます。

成立したカップルは、最後に発表されて祝福されながら相手の連絡先を交換します。それ以降はその2人にお任せとなります。

なお、カップリングが成立しなくても、気に入った人がいれば個別に終了後にアプローチすることもありますが、それは主催者は関係なし、あまりしつこければ主催者に連絡しましょう。

メリット

どんな人であっても、すべての異性と会話ができることです。引っ込み思案で誰とも話せなかったということはないので、お金をまったく無駄にしてしまうということはありません。

プロフィールシートも見てもらえますので、より「お見合い」に近い形で自分のステータスも合わせてアピールできます。おとなしい人でも気に入ってもらえるかもしれません。

また、1対1ではないのでほかの異性と比較もできます。「この人しかいないからいいや」と妥協することはなくなります。すべての人と話したうえで比較できるのですから効果的です。

もちろん、カップリングが成立しても、その後お付き合いすることは義務ではないので、自分に合わないなぁと思えば、お断りもOK。あまりしつこいようだと、主催者に連絡しましょう。

デメリット

1人の人と話す時間が短いので、深いところまではわからないかもしれません。ひょっとすると、お互いの話の「ツボ」がわかると、自分をアピールできる魅力的な人なのかもしれません。

短時間ではそうした人の魅力は伝わりにくいのかもしれません。

また、あまりに多い人と話すので、誰が誰だかわからなくなってしまうことも。メモをする時間も少ないので、本当に「これは!」と思った人をとにかく3人くらい選ぶことが大切。

カップリングが成立しても、あとはその2人にお任せ。その後の展開までは主催者は責任は持てないということです(こちらも参考に⇒婚活中のあなたは注意! 婚活に紛れ込む「偽装婚活者」とは)。

自由形パーティーとは

自由形パーティーとは、まったく自由の立食または着席式パーティーです。カップリングパーティーと比べて「自由競争」で、ルックスとコミュニケーション能力の高い人が断然有利です。

お互いが、会場を見回しながら、興味をもった人にアタックしていきます。そのため、先ずはルックスが大切。見た目に自信がないと厳しいのが自由型です。

話しかけて、会話が盛り上がるかはコミュニケーション能力次第。聞き上手かどうか、それが大切な要素となります。自己アピールは大切ですが、自慢にならないように注意しましょう。
(男性はこちらも参考に⇒今日から使える、彼女との会話を盛り上げる7つの技術
(女性はこちらも参考に⇒早く結婚するための必勝婚活7つのコツ

残念ながら、あまり気に入った人がいない場合もあります。そんな時は、コミュニケーションの練習だと割りきって楽しむのも良いかも。とにかく積極的に動くと、その後で合コンに呼ばれたり、何かのきっかけになるかもしれません。

婚活パーティーを選ぶならこちらから
婚活パーティーの選び方

大きなチャンスが姿を現すときは、きっと来る。そのとき、それを利用できる準備ができていなければならない。

サム・ウォルトン(アメリカの著名な実業家)

このページの先頭へ