【婚活女子必読】婚活体験談その1

プロフィールのイメージ

目次

【体験談1】出会いをアピールしながら、自分のアピールポイントを

(マイコ:30代女性)

準備の必要性に気付いた

私は2年前にお見合いをして、無事に結婚が出来ました。

それまでの私は彼氏はそれなりにいたものの、結婚までいかずに終わってしまうパターンばかり。このままでは結婚出来ないのではないかと不安になり、婚活にもっと真面目に取り組まなくてはと思ったのです。

でもいざ婚活しようと思っても、いったい何をすればいいのか分かりませんでした。

とりあえず結婚相手に出会うことに必死だったので、お見合いパーティや合コンなどに積極的に参加していましたが、これといっていい人に出会えなかったのです。

ですが、そんなときにふと思いました。

結婚したいと必死になっていても、私が選べる立場にあるのだろうか?

むしろ今まで付き合っていた人に選ばれなかったということは、結婚したいと思われない原因があるのではないか?

そこでまずは自分が結婚できる準備をする必要があると思ったのですね。

家事と料理を練習

私はそれまで仕事と恋愛で生活が回っていたので、家事や料理などはほとんど出来なかったのです。

なので、女性としてせめてこれくらいはやれるようにしておきたいと思い、意を決して料理教室に通うことにしたのです。

よく旦那さんの胃袋を掴むといいと聞いていましたし、料理が上手ということはすごくいいアピールポイントになると思ったのです。

実家の近くにある小さな料理教室ですが、そこで家庭料理の基本を学びました。

また家の中ではなるべく家事をするように心がけました。母のお手伝いという感じではありましたが、まずは出来るところから始めてみたのです。

同時に周りにアピール

そして周りの友人や家族にも「誰かいい人がいたら紹介してね」と恥ずかしがらずに伝えておくことも大切です。

年齢を重ねると出会いもだんだん少なくなります。

私は出会いを求めているよというアピールをしておくことで、意外と紹介に繋がることもあります。実際に私のお見合いもそのアピールをしておいたことで、親族から回ってきた話でした。

お見合いだとお互いが結婚前提でお付き合いとなるので、結婚まで早いというのも利点ですし、相手の素性がある程度分かっているので安心出来ていいですよ。

結婚相手と出会うために積極的にアピールすること、そして自分のアピールポイントというものを身につけておくこと。

私が実践したのはこの2つですが、これが実はすごく大切なことだと思いました。

【体験談2】婚活は焦ってするものではなく、前向きに楽しく

(よたぽ:30代女性)

親の援助で結婚相談所に

20代後半に入った頃から親が結婚のことをうるさく言い出したのをきっかけに、お見合いパーティ、知人・友人からの紹介、結婚相談所、とりあえず巷で知られている婚活スタイルはほぼ経験しています。

この中で大体の人が抵抗感を抱く結婚相談所に関しては、親がお金を出してくれるということと、結婚相談所で誰かと出会いたいというよりシステムがどうなっているのか個人的に興味があったので入会をしました。

短い時間の中で話すといった点ではお見合いパーティも結婚相談所も一緒ですが、その後また会いたいかどうかお互いが合意すればまた会って話せるということ私の入会した相談所ではできました。

もちろん付き合う前段階で、もう一度じっくりお話しをできる点は一度冷静になってまた会えるという利点がありました。

お見合いパーティはカップリングにならなければそこでお終い、となんとも味気のないものだったので、それに比べて相談所はきちんとした感があって自分に合ってるとも思いました。

ただ、やはりそこで全てを決めるのもなんだったので、知人・友人からの紹介も何回か受けました。

忙しい、そして意外な影響も

とにかく、婚活でスケジュールが毎週いっぱいですので、ある意味一人で誰とも過ごす相手がいない、と毎週嘆くことがありません。

それに一応結婚を意識して相手と会うのですから常日頃身なりも毎回気にするようになり、自分磨きに励むようになりました。

親についても、はじめは口うるさくて嫌だなと思ってたのが、相手と会った日には必ず報告するようになったせいで助言をもらったりして親子の仲も良くなりました。

区切りが難しいのはカウンセラーと相談

ただ、この人よりもっといい人がいるはずと思ってしまい、際限なくお見合いを続けてしまうもので、どこで区切りをつけるかが難しいところでもあります。

相談所のカウンセラーは家族構成があなたの家族構成とにかよっていてちょうどいいと思うよ、などの的確なアドバイスをいただけるのでとても参考になり、ふんぎりのつかない人にはいい後押しをしてくれます。

堂々とすれば、結構楽しいもの

知人・友人にも相談所に通ってることを隠さなかったので、独身がよく言われる「結婚しないの?」「いい人いないの?」「この先どうするの?」などでつつかれることはありませんでした。

今は結婚して子供もいます。とにかく活動した分だけ、出会いも広がります。

恥ずかしいとか言ってる場合ではありません、あからさまに婚活していると変に噂する人もいますが、なにもしなくて「だからあの人結婚できないのよ」と言われるよりマシです。開き直ってしまえば、結構楽しいものです。

【体験談3】婚活は「やる気」と「やり方」次第で成功する! 

 (さやか:20代女性)

妹に先を越されて

私はそれまで「結婚」と言うものに対する欲が足りていませんでした。まだ大丈夫と思って、焦っていなかったのです。

しかし、その結婚に対する想いが変わったのが、妹が結婚してからでした。まさか妹に先を越されるなんて思っていなくて、軽くショックでした。

そしてその妹に「お姉ちゃんも頑張って」と多少上から目線で言われて、火が付きました。なんとなく見下された感があり、悔しかったのです。

それにこのまま独り身だったらどうしようと言う小さな不安も抱きました。妹のおかげで婚活に力を入れるようになりました。

それまでも合コンしたり、街コンしたりなどイベントに参加したことはあります。本気で彼氏が欲しいと言う気持ちで臨みましたが、今思うと「絶対彼氏を作る」というような強い気持ちが欠けていた気がします。

本気になった私はいろんな婚活の知識を付けて、本気で相手を見つけると決めました。そしてなるべくいろんな人に積極的に近づいてしゃべることで、恋愛のチャンスを広げて行ったのです。

大切な「やり方」

やる気があるときの婚活で気をつけるのが「やり方」です。

このやる気をダダ漏れさせながら積極的に近づいて行くと、男性には逃げられることがあります。

男性は本能的に追いかけ回されると怯んで逃げるんです。逆に女性に逃げられると追いかけたくなります。

ですから「やる気」を「テクニック」に変えて、軽く話しかけて相手に興味を持たせた後に逃げることが大事です。

例えばメールを頻繁に送っていたのに急にぷつんと送らなくしたり、好きですアピールをしておいて、突然別の男性に話しかけたり、そういったメリハリをつけることで、相手に興味を持ってもらえるのです。

私はこのやり方を合コン相手や街コン相手に試してみて、彼氏ができました。しかもそのままとんとん拍子に結婚までたどり着けました。

婚活は追いかけてもらう

彼はもう私にぞっこんで、今幸せいっぱいの生活をしています。家に自分以外の誰かがいると安心と安らぎを感じられます。彼には「逃げる私」が魅力的に映ったみたいなのです。作戦成功といったところでしょうか?

婚活で肝心なのは相手に興味を持って、追いかけてもらうことだと思います。

やる気の使い方さえ間違わなかったら、うまく行きます。ただそれが全員に通用するわけではないので、とにかく間口を広げて、いろんな出会いを求められるイベントに参加した方が良いかもしれません。

【体験談4】婚活パーティーで出会いが

( みじゅみらい:30代女性)

婚活パーティーで会話に慣れる

20代後半くらいから結婚を意識し始め、彼氏もいなかったので婚活を始めました。

出会いを求めていたので、コンパや婚活パーティーに参加することが多かったのですが、特に婚活パーティーは結婚相談所などに比べお金もあまり高くないし、年代別や職業別など自分の好みのパーティーを選んで行けるのが良かったです。

パーティーの規模は参加人数20人くらいの小規模なものから200人くらいの大型パーティーまで様々でしたが、短時間にたくさんの人とお話する機会があるのはとてもいい経験になりました。

普段の生活では接点のないような職業の方や年齢の方と話すことで男性に対しての視野が広がりましたし、たくさんの男性が来るパーティーに参加するというだけで、身なりや振る舞いに気を使うようになり、自分の意識が変わったように思います。

女性ばかりの職場にいたため男性と話すことが苦手でしたが、パーティーで男性と会話することにも慣れ、どのように振る舞えば男性に好かれるのかなどもわかるようになりました。

また数多くの男性と接することで自分自身がどのような男性が合っているか客観的に考えることも出来ました。

婚活が結婚につながった

婚活パーティには1年ほど通い続け、何人かとお知り合いになり、お付き合いをした方もいました。

残念ながら婚活パーティーで知り合った方とは結婚はしなかったのですが、その後の自分の身なりや意識が変わったことで今の主人と出会い結婚することが出来たと思いますので、婚活をしたことで結婚につながったことは間違いないと思っています。

家の中でじっとしていても出会いはありませんし、自分の意識を変えるということも簡単には行きません。

婚活を始めてすぐに成果が見えないかもしれませんが、どんな小さなことでも必ず未来へ繋がっていく一歩だと思いますので、まずは行動してみることが大切だと思います。

そしてすぐにうまくいかなくても、諦めない強い心を持つのも大事です。自分を信じて幸せを掴み取りましょう!

【体験談5】自分に合った婚活で必ずうまくいく

(みう:30代女性)

婚活は人それぞれ

最近は婚活にも、たくさんの方法があります。お見合いパーティーや街コン、婚活サイトの利用や結婚相談所…どのツールを使うのが一番いいということはありません。

自分性格に合った方法を選ぶのが一番確実な方法だと思います。

社交的で、誰とでも気軽にお話ができるという人には、お見合いパーティーや街コンがあっていると思います。

逆に人見知りで、初対面の人とはなかなかお話ができない、という人は、婚活サイト等を利用して、メッセージ交換がら、徐々に知り合っていく、という方が向いています。

また、お相手の価値観や年齢、年収、など、具体的な条件が優先する人は、結婚相談所、または、プロフィールから入る婚活サイトがあっていると思います。

このように、最近ではとても婚活しやすいツールがあふれています。

バツイチを気にしない人

実は、私も婚活を決意したときに、どの方法がいいのか迷いました。

私はバツイチだった為、「バツイチを気にしない人」というのが条件だったので、相手の希望条件やプロフィールから入れる婚活サイトで活動することにしました。

登録をして、男性のプロフィールを見てみると、相手の性格、価値観、生活スタイル、年収から、資産、負債まで検索でてきました。

もちろん、結婚歴を気にする、気にしない、育児の分担割合、家事を手伝うか…などとても細かい部分まで記載されていました。

また、顔写真もあるので、相手のイメージもわかりました。

まずは、いろいろな男性のプロフィールを拝見して、いいなと思う男性数名にメッセージを送りました。

しかし、最初はいいな、と思っても、メッセージ交換しているうちに、なんだかこちらのお話聞いてくれてないなという人や、とても親身に答えてくれる人など、相手がどういう人か見えてきました。

そして、その中でも、何名かいいなと思う人とお会いしてみました。

婚活サイトで出会い結婚

正直、写真と全然イメージが違ったり、会ってお話したらなんか違った…ということで、おつきあいに至らなかったケースもたくさんありました。

しかし、最終的には、今の主人と出会い、トントン拍子で結婚にいたしました。

主人とは共通点もなく、住む場所も遠かった為、婚活サイトを利用しない限り、出会うことのできない人でした。

今は子供にも恵まれ、とても幸せな生活を送っています。

ぜひ、いろいろな人に婚活サイトやいろいろなツールを積極的に利用してもらいたいと思います。

【体験談6】婚活は多くの人との出会い

 
(のりこのり:30代女性)

焦って始めた婚活

私はあまり器量が良い方ではないので、このままダラダラしていたら売れ残る! と焦りを感じて大手結婚相談所に登録しました。

担当してくれたアドバイザーは女性の方で、条件を決めると、すぐに男性とセッティングの場を設けてくれました。

まず最初は結婚相談所内で対面し、その後自由に出かけるというような流れでした。相談所を出る前に、アドバイザーも交えて軽く雑談をしてから外へ出るので、ぎこちないながらもなんとか会話が途切れずに話せることが多かったです。

合わないと思えば、手紙かインターネットでお断りの手続きが行えます。

アドバイザーからの紹介の他に、交際を希望する男性からプロフィールと交際申込みの手紙が届きます。プロフィールを読んで、自分と趣味があったり、感じが良さそうだと思える方と、直接会うようにしました。

2回目以降に深い話を

一回目は趣味や出身地のことなど当たり障りのない会話をして、食事の会計などは、(ほとんどの場合断られましたが)割り勘を申し出ました。

その時の対応で、その相手の印象が解ると思います。お互い交際を継続したい意思があれば、次もまた会うことになります。

婚活ですから、結婚を前提という事なので仕事に関する考え方や、家庭を持ったらどうしたいのかということを、2回目以降に聞きました。

自分の結婚生活に関する考え方も伝えました。まだ数回あっただけなのに図々しいと思われるかも知れないと考えたこともありましたが、時間は有限ではありませんし、私が真剣に結婚を望んでいるんだということを相手の男性に知って欲しかったからです。

勿論、高望みして自分の主張ばかりをしては男性は離れて知ってしまいます。けれど、結婚生活を送る上で、これだけは譲れないという条件(例えば相手の親と同居は嫌。子供は欲しいなど)は、きちんと伝えるべきです。

提示した条件を嫌がる男性とは、結婚してもきっと上手くいかないと思ったので、お断りしました。相手にとってもその方が良いと思います。

諦めずに婚活を続けて結婚に

とはいえ、なかなか条件にぴったりという男性を見つけるは大変でした。それでも、諦めないことです。

二、三年かけてもいいから、自分と楽しくおしゃべりが出来て、自分が相手のために何かしてあげたいと思えて、自分のこともちゃんと考えてくれる男性を見つけるべきです。

私も30人以上とお会いしたと思います。もう駄目かと諦めかけた時もありましたが、まだまだ何万人という男性がいるんだから、諦めるのはまだ早いと思い、活動をつづけました。

おかげで、気の合う男性と合い、半年かけて交際を深くして行きました。相手のご両親とも合ってみて、結婚を決めました。

とりあえず、多くの男性と会っていくうちに、自分とはどういった傾向の男性と相性がいいのか。というのが解ってきて、自分の見る目も育っていきます。また自分のダメな所も見えてくるので、人間的にも成長出来ると思います。

私は2年かけて今の主人に出会いました。色んな人と会って、自分の理想の相手を見つけてください。諦めなければ、きっと出会えるはずです。

【体験談7】婚活は2年勝負!

(しおもん:30代女性)

子供が欲しくて婚活

もう30才オーバー、そろそろ相手を見つけなきゃ、子供を産むのだってしんどくなる……。

世間体だって気になってきた、年下のあいつに負けたくない!

「婚活」という勇気の要る活動に踏み切るには、誰にだって深い理由があるはずです。私もその一人でした。

私の場合はできるだけ子供がたくさん欲しくて、子供を産める年齢で何としても結婚したかったのです。

こういう考え方は相手にとってはもしかしたら不快なのかもしれませんが、何も男性と幸せになりたくないというわけではないので、心優しい方はお気になさらないでいいです。

ただ、優先順位が高いだけなのですし、ぶっちゃけて言えば相手にバカ正直に言わなければ良いだけです。

条件ダメダメだった私が成功したコツ

さて、どんな理由で婚活を始めたにせよ……婚活ガールにはみな、等しく幸せになる権利があります!

年だから……容姿に自信がないから……年収が少ないから……などということを理由に、理想の相手をあきらめることはないのです! (もちろん、ご縁が無くて、ということはありますが)

年も容姿も年収もダメだった私が理想の相手を捕まえたコツは何か!? それを少しお話したいと思います。

お互いが疲れない形で長期間コミュニケーションをとる

正直婚活中は必死だったので、こういったことを意識してはいなかったのですが、今思えば重要なことはただ一つだった気がします。

それは、「お互いが疲れない形で長期間コミュニケーションをとること」でした。

実際に会ってLINE交換をして毎日おべっかを言い合ったり、何度もお昼をごちそうになったりしていると、前者は次第におっくうになってきて、後者はなんだか申し訳ない気分になってきました。

それで、なんとなく疎遠になる、ということが多かったです。

唯一続いたのは、有料の会員制の婚活サイトでの会員メールでした。お互いにログインしている時にしかコミュニケーションできないので、生活を圧迫せず、また互いのプロフィールを否が応でも何度でも確認することになるので、自然と理想に近い人だけが残っていきました。

こういったメールでは、年月をかければ相手の人柄が顕著に見えてくるのです。おかげさまで、私は理想の人と幸せな生活を送ることができています。楽しい婚活、時間はかかりますが、おススメですよ。

【体験談8】コツコツが成功の鍵でした

(ゆんきっぱ:30代女性)

大切なのは目標設定

なんとか婚活を終えた私から、皆さんのお役に立てればと、いくつかお話しさせていただだきたいと思います。

婚活する際に最も大事なのは目標設定だと思います。

そもそも本当にあなたは婚活の先にある結婚をしたいのでしょうか? ただなんとなく周りに流されているだけではないでしょうか? (わたしもそういう時期がありました。)

そもそも入社してやっぱり合わないと退社できる就活と違い、結婚とはこの先何十年と未来に渡り一人の人と添い遂げることを目標としていますから、その覚悟が必要です。ひとりの方が楽とか単独行動が好きとかな方であれば、今一度考え直された方がいいかもしれません。

そこでそれでも結婚したいと決めたのであれば、後は婚活の方法になります。

本当に将来一緒にずっと暮らしていけるか

結婚情報サービス業や仲人業、イベント業など方法はたくさんありますがどの方法を使うにしても、遊び相手ではなく結婚相手を探しに来ているという目標は忘れないでください。

見極めの方法は、本当に将来一緒にずっと暮らしていけるか。これなんです。

その人の中身をしっかりと確認してください。容姿はいつか衰えますし、経済力も一生破産しないという保証はありません。どちらとも魅力的で大事なことだと思いますがそこにこだわりすぎると痛い目に遭います。

実際私の友達が結婚詐欺に遭い300万ほど渡してしまったようです。大金持ちでなくても死ぬまで一緒に笑い合うことのできる人を見つける方が幸せになります。

お酒を飲むのもオススメ

これぞと言う人と仲良くなれたら、必ず一緒にお酒を飲む機会を作りましょう。お酒は抑圧からの解放ですので必ず素のの姿が見えます。かなり大事なポイントです。

私の経験ですが婚活中に非常に温厚な方と知り合い本当に結婚をイメージできた人でした。しかしながら4回目のデートでお酒が飲めるレストランに行ったのですが、酒が進むにつれてだんだんと言葉遣いも横柄になり上司の悪口を言い続け、さらには店員さんにも怒鳴ったりしていました。

これが本性だったんだなと悔しくてたまりませんでした。今の旦那さんはまだ結婚する前にお酒を飲んだ時、ずっとニコニコしていて普段よりお喋りでそれを見て結婚を確信できたのです。

婚活からいろんなことを学び無事結婚できた私ですが今は本当に幸せです。妥協せずにコツコツやってよかったと思います。

皆さんのお幸せをこころからお祈りしております。

【体験談9】婚活を実らせるために

 (あちゃこ:30代女性)

私なりの経験

職場と自宅の往復の日々。

仕事の責任は徐々に重くなり、職場ではだんだん年下が増えていくばかり。

たまの休みは疲れて家でゴロゴロしていると1日が終わる。

たまに婚活パーティーにも行くけど収穫なし…。

周りの友人はどんどん結婚していき、お祝い貧乏。

こんな日々いつまで続くの?
私だって、私だって、いいパートナーを見つけて結婚した〜い!
子供も2人は欲しいから急がないと!
でもどうしたらいいの〜?!
っていうアラサー女子の皆さん!

自らも必死で婚活し、地をはいつくばり、なんとか結婚し、現在妊娠中のわたしがその疑問にお答えします。

自分を客観視する

大事なこと1つめ。

それはまず自分を客観視するということ。

相手を見つけるための婚活は、ついつい相手のことを品定めしてしまうあまり、自分を省みることを忘れ、自分のことを棚にあげて、あれこれ相手の足りないところを列べてみたり、年収や学歴などさまざまな条件を高望みしたりしがちです。(私も、、)

でも、ふと落ち着いて考えてみましょう。

あなた自身はそんなに完璧な人間でしょうか?
足りないところはない?
誰が見ても魅力的な女性?
そんな完璧な人はなかなかいないと思います。

もしいたとして、そういう人はいち早く幸せを手に入れているでしょう!
自分が完璧でないのに相手にあれこれ高望みするのはお門違いですよね。逆に誰にでもいいところは必ずあるはず!

それを見つける努力をして、多少不満に思うことがあっても寛大な優しい心で乗り越えましょう。そうすると相手も嬉しくなり、そこにはきっと和やかな空間が生まれるはずです。

自然体でいられる人を探す

続いて大事なこと2つめ。

自然体でいられる人を探すということです。

結婚したら毎日顔を合わせます。基本的には一生を共に歩んでいくのです。恋愛中のドキドキなんて長くは続きません。

なので、居心地がよく、自分らしくいられる人が一番です。

彼と会話をするとき、無理していませんか?
ほっとできる空間ですか?
思ったことをきちんと言い合える関係ですか?
これからいろんなことが起こるであろう人生、助け合って仲良くやっていけそうですか?

お互いが心から笑い合える幸せな人生を歩むために、是非一歩を踏み出してほしいと思います。

具体的には、友人・知人の紹介(カッコつけずに日頃から彼氏募集中であることをアピール)、婚活パーティー、街コン、相席居酒屋への参加。結婚情報サービスへの登録等。上記の心構えを基に、やれることはなんでもやってみましょう!

未来への投資だと思って、お金がかかってもどんどんチャレンジしましょう!

自分に謙虚に、相手に優しく、結婚したいという願望を持ち続ける。願いを叶えるには、まず思うことから始まります。思えば行動に表れます。

あなたが素敵なパートナーと幸せな第2の人生のスタートを切れることを心より願っています。



幸せな結婚は、新しい出会いから始まります。

「新しい出会い」が一番豊富なのは、婚活サイト。

登録無料なので、試しに登録し、あなたにアプローチしてくるお相手を確かめてみては。
結婚し隊がおすすめする大手優良婚活サイト

また、結婚にダイレクトにつながる出会いを探すなら、結婚相談所という選択肢もあります。

ただし、結婚相談所はサービスがしっかりしている分、費用が高額。先ずは資料を請求して、良さそうな会社に無料カウンセリングや体験入会を申し込みましょう。しっかり話を聞いてから入会して下さい。

大手結婚相談所の資料はこちらから一括で請求できます。今なら限定キャンペーンあり。
結婚相談所の一括資料請求(無料)はこちらから

何を選ぶかは、あなたの自由です。

あなたが本気で行動すれば、きっと理想の結婚相手との出会いが待っています。この記事を読んで頂いたのも何かのご縁、あなたの幸せを心よりお祈りしております。

このページの先頭へ