【婚活体験談】match.comの経験は私の財産

深呼吸する女性イメージ
match.comの体験談をいただきました。

仕事で忙しく、出会いの機会を作りたい

30代女性です。28歳の時にmatch.comに登録、利用していました。

始めたきっかけは、とてもシンプルに“出会いの機会を作りたい”という思いから。

当時、仕事で夜遅くに帰宅、休みの日も休日出勤で潰れるといった生活。まれに早く終わったとしても、一人暮らしだったこともあり、先輩と飲みに行くか、行きつけの居酒屋に行くかのような日々でした。

ちなみに、この当時は8年付き合っていた彼と別れた後で、気持ちが落ち込んだ時期を超えて、何かに前向きにならなければと少しずつ考えていたタイミングでした。

とは言っても、人と出会う機会がほとんどない… そんな自分中心の気ままな日々のなか、私自身は結婚に対して、特に危機感など持っていませんでした。ですが、母親が年齢を心配し、連絡する度に結婚の話題が出るようになったことや、結婚した友人の話を聞いていたりしたことで、徐々に結婚に対して真剣に考えるようになったのです。

そんな時、テレビでmatch.com特集のようなものを偶然目に。婚活サイトは基本的に信用していなかったのですが、ダメもとでもやってみようかなと思い、登録することにしました。

先ずは登録

まずは自分の登録。

当時の私の偏見ですが、婚活サイトは出会い系サイトのようなイメージがあり、かなり抵抗感がありました。本当にネットでまともな出会いがあるの? 経験者の体験談で結婚なんて言ってるけど嘘じゃない? という半信半疑な気持ちもありました。

なので、なるべく遊び半分やサクラの方、何かの営業目的の人などが来ないよう、自分でも笑えるほどに自己紹介文を真剣につくりました。あまりにカチカチな印象や気取った感じでもキャピキャピした可愛い女子でもない、なるべく等身大の自分が伝わるように工夫しました。

自分を売り込むのが苦手だったので、頭を悩ませながら、作り物にはならないように注意しながら、一生懸命言葉を選びました。逆に、それが真剣ではない人たちの目に触れて狙われやすくなってしまわないようにとも考えて作ったので、今思えば、なんだかとても変な人に見えていたのではないかと思います。

その効果もあってなのかわかりませんが、明らかに真剣ではない方からの連絡は、ほとんどなかったように思います。

徐々に自分のルールが出来た

登録が出来ると、サイト内を自由に閲覧できるようになります。

早速、使用の仕方を見てから人の検索を始めるのですが、最初は何を基準に決めるのか分からず、探り探りで進めていくうち、自分の中でいくつかのルールが出来てきました。

皆さんそうかとも思いますが、まず写真の登録のない方は信用ならないのでNG。

あまりに遠距離でも(期待はしていないけれども)付き合う事になったら辛いなと思い、新幹線で移動が二時間以上かかる地域はNG。

年齢が若すぎる方や上すぎる方もジェネレーションギャップを恐れてNG。

何回かメールのやりとりをしても、もちろん話が盛り上がらない方はNG。

また、match.comは当時の便利機能で、“足跡”のような機能があったかと思います。この足跡は、自分の自己紹介ページを見た人が分かるという物で、自分がどんな人に閲覧されているのかチェックし、気になった人には、まずはメールを送り、雰囲気が違う、メールのやりとりが続かなければNG。なんてルールもありました。

そんなことを考えていると、なんだか改めて、人を好きになるきっかけって何だろう…なんて自問自答もありました。

今思うと、本当に勝手ながら自分の中で条件を作り、やり取りを進めていたように思います。そんなことをしている間に、お試しで何カ月か利用していた時間が過ぎ、もう少し様子を見てみたくなり有料登録で6か月ほど登録しました。

その期間、実際に出会った人数は(私が自由気まますぎた事もあり)、メールでのやり取りだけだと20人ほどです。しっかりとやり取りが続き、実際に会ってみたいと思う程、話が出来たのは5人ほどでした。

やり取りする中での発見

何人かとやり取りしていく中で、私の中での発見もいくつかありました。

メールというか言葉だけのやり取りだったにも関わらず、時間の経過とともに不思議と性格というか相手の個性が特徴として伝わってくる事や、言葉で伝えることの難しさや、自分がいる空間に関係なく一緒に楽しめる時間が持てる事など、どれも新鮮でした。

そんな楽しみが段々と大きくなってきます。

確かに当たり前なのかもしれないのですが、今まで、自分の学校や仕事、地域など、暮らしている環境でしか人と出会う事はありませんでした。それがネットを通して、全く出会うはずのなかった人と話をして共通理解が生れる“繋がれる”という事が、なんだかとっても不思議だけれど素敵な気持ちでした。

具体的には、仕事で疲れて帰ってきて、メールを開くと楽しい話はもちろん、「仕事がんばってね」といった応援までしてもらえる。自分はこれが面白い、今楽しいなどたわいもない会話だけど、一人では楽しむことが出来ない時間を過ごす事ができる。

最初は抵抗があったのですが、次第にその些細なことがとても嬉しくなりました。

3人の出会い

話が弾む人とは、ほぼ毎日1通ずつ何か月かのメールのやり取りが進み、段々と信頼感も出てくるので、サイトを通してではなく、携帯電話でのやり取りを直接していました。

ここでもまだ私の中では、騙されてはいけないと警戒している気持ちもあったので、誰でもどうぞという訳ではなく、数えても3人ほどでした。

【1人目】20才上の遠距離、素敵な世界観の彼

そんな出会いのあった人たちのなかで、まず1人目の彼は、たしか年齢が二十くらい離れていて(※年上です)、ポエム調の素敵な世界感を持っている方でした。

この方は、私が住んでいた場所から、かなり遠い地域に暮らしていらしたので、正直先にあげた自分ルールの“距離の壁”が頭にあり、なかなか進まないところもありました。

ですが、人としてとても魅力を感じていたので、次第に実際に会ってみたくなり、意を決して、私が会いに行き一日デートをしました。正直、お互い様かとも思いますが、騙されてたらどうしよう…大丈夫かな…などドキドキでした。

はじめて実際に会ったとき、失礼な話なのですが、実際に動く彼を眺めるたび、見たことのない見慣れない他人が隣にいる…でもこの人のこと少し知ってる…と不思議な感覚になりました。

1枚の写真しかないプロフィールを見て、メールでのやり取りをして、ほぼ言葉でしか会話をしていないことで、私の中で勝手な彼のイメージが出来てしまっていたのかもしれません。

この日は、街の中を歩き、買い物をしたり美味しいものを食べたりと、無難なカップルデートをして過ごしました。時折見る事が出来た、彼の癖や仕草、身のこなしなどメールでは分からなかったことを実際に目の当たりにして、今まで自分が当たり前にしていたデートとは違い、このギャップに慣れるまでは、少し時間がかかるかもと思いました。

このデートの日の夜、彼から付き合いたいと告白を受けました。私ももう少し彼のことを知りたいと思い、その場ではOKを。ですが、時間が経つにつれ、彼の想いと私の想いに差が出てきてしまい、それを埋めるために時間を一緒に過ごす事もできず、お互いの気持ちのペースの違いを理由に別れました。

【2人目】2才上の地元、優しい方だったけど…

2人目の彼は、年齢が2つ上で、私の地元近くに住んでいたとても優しい方でした。

この方とも実際に会って食事をしたのですが、その際に、メールでは感じなかった性格や価値観の不一致がありました。1人目の方もそうでしたが、実際にお会いした時のギャップがなかなか埋まらないというのが私の中で課題になりました。

失礼な話なのですが、どちらの方も話が楽しい友人のような感覚で、私の中では中々恋人同士にまで進展しなかったのが本音です。なぜ進展しないのかは、とても単純なことで、二人で同じ時間を同じ空間で体験するというのが難しく、それを埋める何かが見つからなかったのが原因かと思います。

とても理屈っぽくなってしまいましたが、直感で未来のイメージがわかなかったことも大きかったかと思います。

普通に付き合うのとは違うんだな…私が少し変わっているのかな…わがままなのかもと思った時期もあります。何とも言えないジレンマです。

【3人目】5才上の彼、付き合うも…

さて最後に、3人目の方です。彼は、年齢が5つくらい上で、仕事が忙しく私と共通するところが沢山ある方でした。

最初に彼からメールを貰い、今まで検索ですら出てこなかった方だったのと、彼も相当真面目に自己紹介を作られていたので、もっと話をしてみたいと思いメールをしました。

私が話をする前から、メールでのやり取りしている彼の文の中には “今日は何をして何に興味を持った”“何が面白かった、何が難しかった”など、自分の目にしたその日の体験を事細かに教えてくれていました。後で聞いた話によると、彼は私と同じような体験をしていて、言葉で伝える難しさと闘いながらも、なるべく相手の頭の中でイメージできるようにとメールには気を使っていたそうです。

私は、彼のメールを見るのが毎日本当に楽しみで、傍からみると当時このメールのやり取りには相当ハマっていたと思います。彼は前の2人とは少し違い、価値観が自分と似ているという事が、メールの文章だけでもしっかり伝わってきました。

そして、ある程度時間が経過した段階で、携帯電話でのやり取りになり、一日デートを何回か繰り返して、最終的には付き合う事になりました。

しかし彼とは、彼の家の事情と、ご両親の意志もあり、3カ月ほど付き合いましたが結婚までは行きませんでした。

迷うなら、とりあえず登録

色々ありましたが、自分の中では、今まであった婚活サイトへの偏見がなくなり、自分の価値観も大きく変わる良い時間だったのではないかと思っています。

それは、今まで出会えることのなかった人と出会えたことや、人を見る目や考えが付き、自分の中での何よりの財産になったからだと感じます。

今もし何かの理由で、登録を迷っている方がいるのであれば、とりあえず登録をしてみる事をお勧めします。もし、登録して次に繋がらなくても、新たな発見があるかもしれないので。

私の中での総合評価は★4つくらいです。

このページの先頭へ