Pairsを始めて1ヶ月で出会い、運命の相手と結婚しました!

カップルイメージ

Pairsに出会ったのは29才のとき

私がpairsと出会ったのは29才の時。

30才を目前に周りの友達が続々と結婚し、合コンの数も減ってきて、焦りを感じてきたころです。
残された独身組で、街コン、お見合いパーティー…etc.  とにかく”婚活”と名の付くものは色々試しました。

婚活では一応連絡先を交換しデートに行ってはみるものの、結婚したいと思う相手が見つからない。

結婚したい相手が見つからないのは、私の理想が高いのか、多くを求めすぎているからじゃないか…そう思い悩む日々。
結婚にまつわる雑誌の特集には「30才を過ぎたら条件が1つ合えば良しとしなさい」などと書かれているし。

私が結婚相手に求める条件といえば、「趣味が合うこと」。
ということは、共通の趣味の場なら理想の相手と出会えるのでは!

そう思った私は、スポーツジムや絵画教室などもはじめてみる。
…が、そう簡単に出会えるはずもありませんでした。

出会いはたくさんあるけれども、いまいちピンとくる人がいない…。
それもそうだ。
何万という人の中から理想の相手に出会える確率なんてどれほどだろうか。

しかし既婚友達の幸せそうな姿を見ると「ここで妥協してはいけない!」とまた自分を奮い立たせ…
そんな毎日を過ごしていました。

婚活友達からPairsを紹介される

そんな時、共に婚活を頑張っていた職場の同期から
「お願いがあるんだけど…。
実は私お見合いサイトに登録したんだけどね、最近出会った人と急に連絡が取れなくなって…。
ブロックされているか見てほしいんだよね。」

私:「え?サイト始めたの!?」

同期:「このサイトすごくいいよ!結構いい人いるからやってみなよ!」

そんなきっかけから登録したのがPairs(ペアーズ)でした。

とりあえずPairに登録してみた

お見合いサイトは周りの友達から悪い話しか聞いたことがなかったし、ネット上での出会いはちょっと怖いなと嫌遠していました。
しかし親友の頼みという事もあり、とりあえずPairsに登録してみることに。

Pairsでは、まずはプロフィール写真と紹介文を登録。
検索機能で自分の条件に合った人を探す。
気になる相手がいたら「いいね!」ボタンを押して、お互い「いいね!」がついたらサイト内でメッセージのやり取りができるというもの。
そこからは、LINEやメールで個人的にやりとりしていく、といった流れ。

そんなにやる気もなかったので、プロフィール画像1枚と、年齢・勤務先・趣味など簡単なプロフィール文を載せました。

いいね!の嵐に驚く

さて、登録完了!
…びっくり!
登録した途端にいいね!の嵐。
これはすごい!

どうやらPairsでは新規登録者が検索上位にくるシステムになっているようで、1週間するといいね!の数も落ち着いてきました。

友達にアドバイスをもらいマッチング率アップ!

友達から確認をお願いされていたPairsの彼の件は、私が検索をしたら出てきたので、やはり友達のことをブロックしてまだPairsを続けていました。

後日同期に報告したところ、
「私と会ってからも画像とかちょくちょく変えてたし、まだ活動してたみたいだったから、そうかと思ってたんだよね。」とのこと。

彼女はそんなに気にしていない様でむしろ、今度は商社マンと出会ったらしくウキウキな様子でした。

なんでそんなに出会えるのかと相談したところ、「画像を増やしてプロフィールをしっかり書くといいよ!」とアドバイスをもらったので、早速試してみることに。

見事、マッチング率がアップしました!!

確かに、アップや全身など写真が多いほうが嘘がなく、プロフィールも情報が多いほうが信ぴょう性がありますよね。
自分がPairs上で相手を判断するときに何をみるか、を考えれば当たり前のことですが。

会ってみたいと思わせる、プロフィールの載せ方も重要になってきます。

いいね!をもらった人からメッセージ交換をはじめた

自分からいいね!を押す勇気がなかったので、まずはいいね!をもっらた人の中から気になった人にいいね!を返してメッセージ交換を始めしました。

お互い自己紹介から始まり、だいたい男性の方から、Pairs内のチャットではなくLINEやメールで直接やり取りしようという流れになります。

私の性格上、じっくり連絡のやりとりをして相手の事を知ってから会うというよりも、先ずは会ってみたいと思っていたので、いいなと思ったら早い段階で自分の方から誘ったりしていました。

実際に会ったのは4人

私がPairs経由で実際に会った人数は4人です。

  • 同じ年の公務員
  • 大手広告会社のおしゃれな年下くん
  • 33歳アパレル男性
  • 35歳会社員

1人目は同じ年の公務員君

初めて会ったのが、同じ年の公務員でした。

洋服の好みが同じだったので、買い物と恵比寿界隈をぶらぶらしようという事に。

Pairsで顔も知っていたのですんなり分かるだろうと、待ち合わせ場所で待っていると、ピンポーンとLINEが鳴りました。

彼:「着いたよー!」
私:「??? どこー??」
彼:「紺のトレンチだよ」
私:(あれ!顔、全然ちがう!!!)

そうです。
写真の顔と全く違ったのです。
まあしょうがない。気を取り直して買い物へ。

しかし、終始何かぎこちない感じで、会話もあまり弾まず、デート終了。
それから連絡をとる事はありませんでした。

2人目 大手広告代理店の年下くん

次に会ったのが、大手広告代理店の年下くん。
今度はPairsに写真も何枚もあったので、間違いない。
そしてイケメン。

職場が近かったので、仕事後にご飯へ行こうと待ち合わせ。

ドキドキ。。期待して待つ。

現れたのは…写真通りの人でした!!

彼:「俺の行きつけの店なんだけど…いいかな?」
私:「もちろん!行きましょう!」

おしゃれな彼だから、きっとこじゃれたイタリアンなのかなあと期待して行くと…
まさかのおじさん臭い居酒屋へ。
私:(まあ、飾らない感じがまた良いのかな)

そこそこ話も盛り上がり、結構自然体に話せていい感じ。
終電が近づいてきたので帰ろうとすると…
彼:「えー帰っちゃうの?僕の家で飲み直さない?」
と誘われたのですが、これはお持ち帰りの予感しかしなかったので、丁重にお断りし帰宅しました。

それから何回か連絡を取りましたが、遊びの感じしかしなかったのでそこで終了しました。

3人目 年上のアパレル男性

次はちゃんと結婚願望のある人を!と思い、年上のアパレル男性と会うことに。

写真OK、趣味も会うし、LINEトークも盛り上がって。。結婚観の話までした。

しかし、いざ会ってみるとなんだかしっくりこない。。。
条件はちゃんと満たしている。。なのに何故だろう。

結局、私の方が連絡を取らなくなってしまいました。

4人目 6才年上の会社員

Pairsを始めて一か月。
ここにきて疲れがでてきたので、今連絡をとっている人を最後にPairsをちょっとお休みしようかと思っていた時でした。

その人は6歳年上の会社員。

当時、相手の年齢は33歳までと思っていた私には少し年上だったので、きっと写真よりおじさんなんだろうなーなんて期待しないでいました。

LINEでお互いワインが好きな事で盛り上がったので、飲みに行きましょうと私からお誘いしました。

お店は彼が予約してくれるとのことで、お互いの住まいの中間地点の渋谷で会うことに。
待ち合わせ場所はモヤイ像前でした。

5分前に到着。
そして、横断歩道の方から歩いてくる男性が。
彼も私に気付いたようで目が合いました。

彼「○○ちゃんだよね?はじめまして!」
私「○○さんですか?」
彼「お店予約しておいたから、行ってみようか!」

このひとだ! という感覚

この始めの一言二言で今までの人とは違う感覚がありました。
雰囲気もすごく私の好み。
お店までの道中で、すでに「このひとだ!」という感覚がありました。

それは、今までたくさんの人と会って培ってきた、直感なのかもしれません。

その日に交際スタート

お酒も入り、今までの恋愛歴から結婚観まで深い話しもできて、とても盛り上がりました。
すごく居心地がよくて、自分が自然体でいられる感じ。
そして彼も私に好感を持っている雰囲気だったので、思わず

私「…もう、付き合っちゃう?」
と、口にでてしまいました。

彼「俺もいいと思うよ…付き合おうか!!」

こうしてお互い意気投合し、その日に交際がスタートしました。

後で知ったのですが、彼も私と同じように「この人だ!」という感覚があったようです。

1年後に入籍

私がまさか理想の相手に出会えるなんて、奇跡のようでした。

Pairsで出会った事はお互い周りの人には秘密にしたかったので、飲み屋で偶然出会った事にしました。

その後すぐに結婚への準備が進み、交際1年で入籍。
もちろんお互いの両親にもPairsで出会った事は秘密です。

Pairsのおかげで運命の相手に出会えました

婚活サイトは、まだ一般的にはあまり馴染みがない出会い方かもしれません。

でも婚活サイトには多くのメリットがあります。

例えば、明らかに結婚に結びつかない人を相手に時間をとられることはありません。

合コンや街コン、お見合いパーティーでは自分で相手を選ぶことが難しく、まる1日かけても良い相手と出会えないことが普通です。

また婚活サイトの費用は、女性が無料だったり、月々数千円程度。
結婚相談所のように、高い会費を払う必要もありません。

アプリで気軽に自分の必要条件からパートナー探せる婚活サイトは、今の私達の生活にマッチした出会い方だと思います。

私も昔は「出会いは確率だ」といって、合コンやお見合いパーティーへ必死に行っていました。
あの頃の私は、確率を上げるよりむしろ下げていていたのかも。

私はPairsのおかげで、運命のひとに出会うまでの近道ができた気がします。

まだPairsを始めていない人は、試しに登録だけでもしてみることをおすすめします。


Pairsについて詳しい情報はこちら
Pairsの詳細

※当サイトでは婚活体験談を募集しております。是非あなたの婚活体験を教えてください。お問合せはこちら


Pairsの他に大手優良婚活サイトを探してみるならこちらを参考に
結婚し隊がおすすめする大手優良婚活サイト(全て登録無料)

結婚にダイレクトにつながる出会いを求めるなら結婚相談所という選択肢も。

ただし結婚相談所は費用が高額。先ずは資料を請求して、良さそうなところで無料カウンセリングを受けてみるのが一般的。

大手結婚相談所の一括資料請求(無料)についてはこちら
結婚相談所の一括資料請求(無料)

このページの先頭へ