女性誌から学ぶ、いまどきのモテ男子とは

モテる男性のイメージ
ありのままの飾らない自分。これで運命の女性が見つかり、互いに結婚を望めば最高です。

でも、現実はそう簡単ではありません。親しき中にも礼儀あり。どんなに親密な仲になったとしても、相手に不快感を与えるのはNG。また、自分が好きになった女性に、最低限の好感を持たれつづけるためには、ある程度の努力も必要です。

モテ男子になる方向性

では、どの様な方向性で自分のモテ度を磨けば良いのでしょうか。もちろん相手の女性が決まっているのなら、その女性に聞いて見るのが一番。でも、まだ決まった女性がいないのなら、女性の意見を代表している女性誌から学ぶのが良いでしょう。

ここに、ある人気女性誌が行ったアンケートから、今どきのモテ男子像を4つのタイプで挙げています。自分が一番近いタイプをイメージして、まずはこの方向性で長所を伸ばすことを意識してみましょう。

姉妹がいるっぽいタイプ(ポスト草食)

例として松坂桃李、羽生結弦が挙げられています。
このタイプの長所としては、

  • 気配り上手
  • 謙虚
  • 自分を過大評価しない
  • 挫折したことがある
  • 意見を聞いてくれる
  • 男女・人間平等感
  • 既成概念にとらわれない
  • 人を傷つけない
  • 清潔感がある

ということが挙げられます。
思い当たるあなたは、この長所を意識して伸ばしてみましょう。

地頭が良いタイプ(コミュニケーション能力が高い)

例として、博多大吉、伊勢谷友介、桝太一が挙げられています。
このタイプの長所としては、

  • コミュニケーション力
  • プレゼン力
  • 国際的な素養
  • マナーが良い
  • 地頭が良い
  • 他文化に対応する
  • 仕事ができる(稼げる)
  • ユーモアがある
  • 理系分野にも強い

ということが挙げられます。
このタイプはついつい手を抜きがち。長所は面倒臭がらずに、磨くことを意識しましょう。

昭和感が漂うタイプ(スタンダードな男らしさ)

例として、大谷翔平、染谷将太、小栗旬が挙げられています。
このタイプの長所としては、

  • 自信がある
  • 器が大きい
  • 思いやりがある
  • 正義感がある
  • 誠実(浮気しなさそう)
  • 地に足がついている
  • 向上心がある
  • 男から惚れられる
  • 信念がある

このタイプは、女性に対して不器用に対応してしまうことがあり、そんな自分を不甲斐なく思っていたりします。しかし、そこはある意味長所でもあります。口下手は、誠実の裏返しでもあります。信念を貫いてどこまでも硬派に生きましょう。無理にチャラくなる必要はありません。

生命力がある(どこでも生き延びられるタイプ)

例として、本田圭佑、田中将大、伊藤英明があげられています。
このタイプの長所は、

  • 運動能力が高い
  • 行動力がある
  • 危機管理能力がある
  • リーダーシップがある
  • 男友達が多い
  • 家事ができる
  • 爽やか
  • 守ってもらえる
  • 心の強さ

ということがあります。
このタイプは、男友達を大切にしすぎて、女性から嫉妬されたり怒られたりしやすいこと。また、似たようなタイプの女性と反発し易いことです。ここは相性もあるので、自分のことを受け入れてくれる女性を探しましょう。そして、その女性をしっかり守りつづけること、忙しい時も相手をしてあげることを意識しましょう。

このタイプのハイブリッドもあり

以上の4つのタイプだけではありません。この長所を幾つか交えて持っているハイブリッドタイプもモテ男子です。

もう一度、長所だけをざっと眺めて、あなたに当てはまりそうな要素は、意識して伸ばしてみましょう。それがあなた流のモテ男子。自分を磨いて、良い出会いを見つけましょう。

このページの先頭へ