決定版! あなたが5年以内に結婚できる確率とは(各年齢別)

幸せな結婚イメージ

あなたが5年以内に結婚できる確率

総務省統計局による国勢調査の結果から「あなたが5年以内に結婚できる確率」を計算できます。

国勢調査とは

国勢調査とは5年毎に実施されている、全ての日本人を対象にした調査。
あなたも調査票に記入したことがあると思います。

全ての日本人を調査しているので、これ以上正確なデータはありません。

国勢調査では、各年齢ごとの未婚率が整理されています。

この未婚率が、5年前(2010年)と今(2015年)でどれくらい変化したかを比較すると、その間に結婚した人の割合が分かります。
あなたの年齢で5年以内に結婚できる確率になります。

女性のあなた

これはあなた(未婚女性)が5年以内に結婚できる確率です。

【未婚女性が5年以内に結婚できる確率】
女性5,687万人のデータから算出

未婚女性が5年以内に結婚する確率(2015年国勢調査)

総務省/国勢調査2015年、2010年より算出

未婚女性が5年以内に結婚する確率は、

  • 26才の43.5%がピーク
  • 35才では半分の21.5% (約5人に1人)
  • 40才では9.3%(約10人に1人)

となっています。

35才、40才だと結婚する確率はそんなに低いの!
 と驚かれたかもしれません。

しかしこれでも5年前よりは大きく改善されているんです。
2005年と2010年の国勢調査を比較した結果です。

【(5年前)未婚女性が5年以内に結婚する確率】

各年齢別未婚女性が5年後結婚する確率グラフ
5年間で、30代40代女性が結婚する確率は大きく改善されていることが分かります。

男性のあなた

あなた(未婚男性)が5年以内に結婚できる確率です。

【未婚男性が5年以内に結婚できる確率】
男性5,288万人のデータから算出

未婚男性が5年以内に結婚する確率(2015年国勢調査)

総務省/国勢調査2015年、2010年より算出

未婚男性が5年以内に結婚する確率は、

  • 26才の34.6%がピーク
  • 35才では半分の17.8% (約6人に1人)
  • 40才では8.9%(約11人に1人)

となっています。

男性も5年前より大きく改善されています。

【(5年前)未婚男性が5年以内に結婚する確率】

未婚男性が5年以内に結婚できる確率

実は結婚できない人が急増している

新聞や雑誌などでは「晩婚化」(結婚する人の年齢が高くなっている)と報道しています。

しかし現実は違います。

結婚できる確率が年齢と共に急減しているだけでなく、実は結婚できない(しない)人が急増しています。

お見合いの激減

こちらは見合い結婚の割合を整理したものです。
見合い結婚の割合の推移

(国立社会保障・人口問題研究所による)

1980年頃(あなたの親の世代?)は、まだお見合い結婚が29.4%とお見合い全盛期の時代でした。

この頃は結婚を意識しなくても、年頃になれば会社の上司や知人、親戚が結婚相手をどんどん紹介してくれたのです。

男性の場合は、会社の上司にお見合いを紹介してもらえることが、会社員として出世のツールだった面もありました。

ところがお見合いという風習は、この後急激に減ってしまいます。

2010年の調査では、お見合い結婚の割合がなんと5.2%に。
実に20人に1人の割合まで減ってしまいます。

すると何が起こったのでしょうか?

いままでお見合い結婚していた人が、結婚できなく(しなく)なりました。

生涯未婚率の急上昇

こちらは見合い結婚の割合と生涯未婚率の推移を整理したものです。
(生涯未婚率とは、50才の時点で一度も結婚したことがないの人の割合です。)
生涯未婚率とお見合いの割合の推移

(国立社会保障・人口問題研究所による)

2015年の国勢調査によると

  • 男性の生涯未婚率: 22.1%(4.5人に1人)
  • 女性の生涯未婚率: 13.4%(7人に1人)

これだけの人が結婚ができない(しない)時代なのです。

(詳しくはこちら⇒都道府県ランキング! 結婚・出産の年齢、そして生涯未婚率

つまり、今の時代は、「なんとなく」で結婚できる時代では無くなりました。

そして、それに気づいていない(又はあきらめている)人が大勢いることが、未婚率の急上昇となっているのです。

生涯未婚の予備軍も急増

生涯未婚率は50才時点での未婚率ですが、その予備軍となる40才の未婚率がこちらです。
40才の未婚率の推移

(総務省 国勢調査/人口動態調査による)

2015年には、

  • 40才男性の3人に1人(31.4%)が未婚
  • 40才女性の5人に1人(20.7%)が未婚

という驚きの数字に。

10年後には、この世代が50才になります。
生涯未婚率はおそらく似たような数字になるでしょう。

あまり知られていない、結婚する人の一般的なパターンとは

ここにあまり知られていない調査結果があります。
普通に結婚した人の、最も一般的なパターンが分かります。

国の研究機関「国立社会保障・人口問題研究所」が、「結婚相手と付き合い始めた年齢」、「交際して結婚するまでの期間」について調べた調査結果です。

この2010年の調査によると、

  • 結婚相手と付き合い始めた年齢の平均は、男性25.6才、女性24.3才。
  • 付き合い始めてから、結婚するまでの期間は平均で4.2年。

ということが分かっています。

今、もしあなたに「結婚相手として付き合っている異性」がいない場合、結婚についてすこし真剣に考えた方がよいかもしれません。
(詳しくはこちら⇒みんなどれくらい付き合ってから結婚してるの?

でも大丈夫! 生涯未婚にならない方法はある!

なんだか暗い気持ちになってしまったかもしれませんが、安心して下さい。大丈夫です。

実は、あなたが毎日の習慣や行動を少し変えるだけで、生涯未婚にならない方法があるのです。

その方法とは一体何でしょうか?

(1)意識を変える

意識を変えるイメージ
先ず大切なのは、結婚に対する意識を変えること。

意識を変えるといっても、難しいことではありません。
あなたがするのは、たったひとつだけ。

「あなたの年齢で5年以内に結婚できる確率を、ただ頭の片隅に覚えておく。」

これだけです。

信じられないかもしれませんが、これだけであなたの行動は無意識に変わり始めます。

あなたの潜在意識が、あなたの行動を少しずつ変えるのです。

例えば、今までなにげなく断っていた「出会いの可能性がある飲み会」。
興味はあるけど参加しなかった「趣味のイベント」。

よく考えると、出会いの機会を逃していた行動が、あなたにもあったはずです。

この行動が、潜在意識によって変わります。
あなたは結婚に対して少しづつ前向きに行動する様になります。

結果、あなたはお相手と出会う機会が増え、結婚の可能性も高くなるのです。

(2)具体的に行動する

行動を始めるイメージ
次に必要なのは、結婚に対して具体的に行動すること。

ただし無理に行動をしても、継続できません。

何か小さなことを少しづつで良いので、毎日続けましょう。

今日から、何か1つでも、なるべく簡単に出来ることから始めてみてください。

結婚しなかった大部分の人は、「時期が来たら自然と結婚できるもの」と考えていた人。

そこであなたが気付き行動するだけで、結婚に最も近い数パーセントになることができるのです。

簡単にできることの例

仲良しカップル
具体的に行動するといっても、何をすれば良いのか分からないあなた。

とにかく無料でできることでよいので、思いついたことを試して見るのがおすすめ。

例えば、幸せな結婚は、新しい出会いから始まります。
お友達に紹介をお願いするのはいかがでしょうか。

忙しくてなかなか出会う機会がない…
周りに紹介してくれるような友達がいない…

多忙な30代、出会いの機会が無いという悩みは多い様です。

しかし今は婚活サイトを利用すれば、スキマ時間にスマホで出会うこともできます。

大手婚活サイトでは、毎日1,000人〜4,000人が新しく登録しています。
出会いの機会は、日常生活とはケタ違いです。

出会いの質も高く、真剣に結婚を考えるお相手が多数登録しています。

登録無料なので、試しに登録してあなたにアプローチしてくるお相手を確かめてみては。
結婚し隊がおすすめする大手優良婚活サイト(全て登録無料)

結婚式イメージ

もしあなたが「1年以内に結婚」という言葉に魅力を感じるなら、大手結婚相談所がよいかもしれません。

結婚相談所の場合は、まず資料を請求して、良さそうな会社の無料カウンセリングを申し込むのが一般的。

結婚相談所を検討するなら、一括資料請求が便利。
今なら限定キャンペーンもあります。

あなたが本気で行動すれば、きっと理想のお相手との出会いが待っています。

この記事を読んで頂いたのも何かのご縁、あなたの幸せを心よりお祈りしております!

このページの先頭へ